松山、パット冴えず首位と9打差 最下位の18位発進/米男子 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

松山、パット冴えず首位と9打差 最下位の18位発進/米男子

更新

ショットを放つ松山(共同)  米男子ゴルフ・慈善大会ヒーロー・ワールドチャレンジ第1日(29日=日本時間30日、バハマ・ナッソー、アルバニー・バハマ=7309ヤード、パー72)タイガー・ウッズ(42)=米国=が主催するツアー外の慈善大会が開幕。2016年大会覇者の松山英樹(26)=LEXUS=は6バーディー、4ボギー、2ダブルボギーの2オーバー74で、出場18人中最下位の18位と出遅れた。ウッズは4バーディー、2ボギー、1トリプルボギーの1オーバー73で16位。パトリック・カントレー(26)、パトリック・リード(28)=ともに米国=が65をマークし、首位に並んだ。

<< 下に続く >>

 松山は1番(パー4)でバーディーも、2番(パー3)でグリーンを外すなどして痛恨のダブルボギー。「いいスタートが切れたがパットがうまくいかなかった」と嘆いた。16番(パー4)もダブルボギーとしたが、その後は連続バーディーで「最後の2ホールが救い」とも。首位とは9打差。第2ラウンドは成績順で、ウッズと同組で第1組スタートとなった。

16位と出遅れた大会ホストのタイガー・ウッズの話「ショットはいいところもあったが、きょうは快適なゴルフではなかった」

ツアー日程へ

PR