【プロのスゴ技】青木瀬令奈、曲げる練習に没頭した成果 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【プロのスゴ技】青木瀬令奈、曲げる練習に没頭した成果

更新

女子ゴルフ ニトリレディスゴルフ 2日目 1位 ティーショットを放つ青木瀬令奈 14H =小樽CC (撮影・高橋朋彦)  青木瀬令奈(25)=三和シヤッター工業=が第1ラウンドでインテンショナルフックからバーディーを奪った。

<< 下に続く >>

 「打ち出したい方向に体を向けて、つま先下がりだったのでフェースをかぶせないようにした」

 インスタートの14番(パー4)でティーショットを左に曲げた。第2打は前方に木がかかるためピンが狙えない状況。それでも、青木は残り117ヤードからPWで大きくフックをかけてグリーンに乗せると、7メートルのバーディーパットを沈めた。

 「元々、私は練習嫌い。でも、どうやったらおもしろくできるか考えて、曲げる練習ばかりしていた」

 この日は途中から曲がっていたティーショットも修正。アドレスでボールが左に寄りすぎ、ティーが高かったことに気づいた。「いつもよりティーアップを低めにして、ちょっとボールを中に入れて、ライン出しみたいに方向性重視で打った」。ドライバーの平均飛距離は230ヤードだが、フェアウエーキープ率70%の正確性が青木の武器だ。 (白石大地)

ランキング

PR