中島、個人と団体で“2冠”「本当にうれしい」/アジア大会 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

中島、個人と団体で“2冠”「本当にうれしい」/アジア大会

更新

 ジャカルタ・アジア大会第9日(26日、インドネシア・ジャカルタほか)ゴルフは最終ラウンドで男子(7206ヤード、パー72)は初日から首位の中島啓太(18)=東京・代々木高=が71で回り、通算11アンダーで金メダルに輝いた。日本は3人の合計で争う団体も28アンダーで5大会ぶり4度目の優勝を飾った。女子(6252ヤード、パー72)の古江彩佳(18)=兵庫・滝川二高=は68をマークして通算9アンダーでフィリピン選手と3位に並んだが、プレーオフで敗れ、4位だった。2人の合計で争う団体は5位だった。

<< 下に続く >>

 中島が日本勢では20年ぶりとなる個人と団体(中島、金谷、今野、米沢)で優勝。首位から出て6番(パー5)で最初のバーディーを奪い、流れに乗った。フェアウエーを外したのは最終18ホールのみで、好調のショットを武器に2バーディー、1ボギーの71で回った。個人では近藤智弘以来の金メダル。中島は「団体で取りたい気持ちが強かったので、本当にうれしい」と笑顔だった。

ランキング

PR