女子の古江&男子の中島が首位スタート/アジア大会 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

女子の古江&男子の中島が首位スタート/アジア大会

更新

第1ラウンド、17番でラインを読む古江彩佳=ジャカルタ(共同)  ジャカルタ・アジア大会第6日(23日、インドネシア・ジャカルタ)ゴルフの第1ラウンドで女子(6271ヤード、パー72)の古江彩佳(兵庫・滝川二高)が67をマークし首位に立った。2打差の2位に小倉彩愛(岡山操山高)、佐渡山理莉(沖縄・名護高)ら4人が並んだ。3人のうち上位2人の合計スコアで争う団体は136でトップ。

<< 下に続く >>

 男子(7206ヤード、パー72)は中島啓太(東京・代々木高)が68で首位。金谷拓実と米沢蓮(ともに東北福祉大)が70で6位につけた。今野大喜(日大)は73の18位。4人中3人の合計で争う団体は208で首位に立った。(共同)

古江彩佳の話「こんなにスコアが出るとは思わなかった。最後(9番のボギー)だけが本当に残念。パットの勝負になると思う。このままうまくいくといい」

佐渡山理莉の話「(地元の)沖縄にある芝に近くて感覚が合った。ショットは朝から悪かったがパットでカバーできた」

小倉彩愛の話「グリーンの芽がきつくて読みが難しかった。まずまずのスタートを切ることができた」

米沢蓮の話「練習で合わなくて不安だったが、何とかしのげた。課題のティーショットが良くなった」

中島啓太の話「易しいところでしっかり取りきることができた。ピンチも少なかった」

今野大喜の話「出だしでイージーミスをした。修正して一打でもいいスコアで終わりたい」

金谷拓実の話「この大会に来るまでの成績が悪かったので、不安の中でプレーをした。後半はずっと我慢だった」

ランキング

PR