たけし「議員の給料半分にとかは聞かない」日本の新型コロナ対応に皮肉 - SANSPO.COM(サンスポ)

たけし「議員の給料半分にとかは聞かない」日本の新型コロナ対応に皮肉

更新

 タレント、ビートたけし(73)が28日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・0)に出演。感染拡大が続く新型コロナウイルスをめぐる政府などの対応に首をひねった。

<< 下に続く >>

 番組冒頭で同局の安住紳一郎アナウンサー(47)が、この日も国内で過去最多を更新する新規感染者が確認されたことなどを紹介。たけしは、新型コロナに対する政府などの動きについて、「給付金とかいろいろ出したりとかの対策は練ったけど、自分たち国会議員の給料を半分にするとかは聞かないね。だって動きが取れないんだから、国会議員に対する通信費とかいろいろあるじゃない? ああいう省けるもの、使わないものいろいろがあるのに絶対それは言わないね」と皮肉り、「やってるのはいまだに桜を見る会がどうのこうの。そんなものはどうでもいいんだよね」と斬り捨てた。

 安住アナが「飲食・宿泊・観光業に対するフォローばかりで、ほかの製造業なのに対するフォローが足りないという声も」と伝えると、「タレントなんか一番困っちゃうよね」と応じ、「仕事ないんだもん。客がいないんだから」とボヤいた。

PR

×