任天堂は純利益6・4倍、巣ごもりで売上高も倍増 - SANSPO.COM(サンスポ)

任天堂は純利益6・4倍、巣ごもりで売上高も倍増

更新

任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」  任天堂が6日発表した2020年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期の約6・4倍に当たる1064億円だった。売上高は約2・1倍の3581億円で、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けソフト「あつまれ どうぶつの森」のヒットが押し上げた。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増えたことによる「巣ごもり需要」を取り込んだ。

<< 下に続く >>

 本業のもうけを示す営業利益は約5・3倍の1447億円で、4~6月期として過去最高だった。利益率が高いソフトのダウンロード販売が伸びたことが寄与した。

 スイッチ本体の販売台数は約2・7倍の568万台だった。ダウンロード専用などを除くソフトの販売本数は約2・2倍の5043万本で、このうちどうぶつの森が1063万本を占めた。

 コロナ禍で品薄状態となったスイッチの生産は「おおむね回復した」と説明したが、地域によっては「依然として品薄になっている」とした。

 売上高を前期比8・3%減の1兆2000億円、純利益を22・7%減の2000億円とする21年3月期の連結業績予想は据え置いた。スイッチの販売台数も1900万台と従来の予想を変えなかった。

PR