女性は「奴隷」とわいせつ動画共有 韓国「テレグラムn番ルーム」事件発覚で大問題に - SANSPO.COM(サンスポ)

女性は「奴隷」とわいせつ動画共有 韓国「テレグラムn番ルーム」事件発覚で大問題に

更新

19日、逮捕状審査を終え、ソウルの鍾路警察署に入るチョ・ジュビン容疑者(右、聯合=共同)  韓国で、保秘性の高い通信アプリ「テレグラム」のトークルームを利用し、女性を脅迫して送らせた自撮りのわいせつ動画を多数が共有、女性を「奴隷」と呼びながら鑑賞していた事件が発覚し大問題になっている。

<< 下に続く >>

 女性団体は、同種のルーム利用者が26万人に上ると推定。警察は24日までに「博士」と自称する運営者、チョ・ジュビン容疑者(24)を逮捕した。

 韓国メディアによると、チョ容疑者は「アルバイト募集」とうたって女性に顔や裸の写真を送らせ、流出させると脅迫してわいせつ動画を撮影させていた。

 チョ容疑者は、2018年ごろから複数開設された総称「n番ルーム」の一つの運営を引き継いで有料会員専用にし、犯行をエスカレートさせた。判明した被害女性は74人。ルームの利用者に呼び出されレイプされた例もあった。

 韓国では連続殺人などの凶悪犯罪以外では容疑者の氏名は公開されないが、大統領府へ身元公開を求める請願に過去最多の250万人以上が賛同。警察は24日、チョ容疑者の氏名を公表し、利用者らが支払ったとみられる約1億3000万ウォン(約1100万円)を同日までに自宅から押収した。(共同)

PR