小倉優子が離婚危機「やり直したい」と涙 歯科医の夫がクリスマス直前に家出 - SANSPO.COM(サンスポ)

小倉優子が離婚危機「やり直したい」と涙 歯科医の夫がクリスマス直前に家出

更新

歯科医の夫が家を出て、離婚危機を迎えている身重の小倉。このまま2度目の離婚を迎えるのか…  ゆうこりんが突然の離婚危機-。先月末に第3子の妊娠を公表したばかりのタレント、小倉優子(36)が、再婚2年目の歯科医の夫(46)と別居していることが10日、分かった。夫はわが子の妊娠を知りながらも昨年暮れに単身、家を出て離婚を要求。突然の事態に身重の小倉は途方に暮れつつ、「やり直したい」と涙を絞る日々が続いている。

<< 下に続く >>

 本来なら幸せ一杯の家庭に何が…。小倉は今、悲しみの淵にいる。

 複数の関係者の話によると、2018年12月25日のクリスマスに結婚した2人の間に、亀裂が生じたのは昨秋。東京都内で歯科医院を営む夫が、先輩歯科医の信頼と歴史ある医院を引き継ぐ話の進む中、小倉に「芸能界を辞めてほしい」と頼んだのが引き金となった。

 2人には小倉と前夫の間に生まれた7歳の長男と3歳の次男がいる。結婚当初、初婚の夫は多忙の中、時間を見つけては遊び相手に。一方、小倉も再婚を機にバラエティーやCMに引っ張りだこになった。そのため、夫は仕事の環境が変わるのを機に、専業主婦になることを求めたようだ。

 しかし、料理の腕を生かした著書もある小倉は働く女性からの人気も高く、仕事の継続を熱望。そんな折の昨年11月、2人の初子となる妊娠が判明した。関係者の1人によると「小倉さんは現在、妊娠5カ月の安定期。ご主人は妊娠を知りつつ、結婚1周年記念日にあたる昨年のクリスマス直前に突然、家を出ていったんです」という。

 まさかの事態に、小倉はメールで何度も夫に連絡。ところが今年1月、夫から弁護士を通じて届いたのは、離婚と2人の息子との養子縁組解消を求める書類だった。仰天した小倉は自分の態度を謝る内容のメールを送り先月中旬、夫の弁護士同席で会ったという。

 しかし、夫は断固として離婚の意思を曲げず、誕生してくる赤ちゃんにも会いたくないと主張。小倉は復縁を望むだけだった。週明けから産休に入るが、親しい知人に「夫は一生懸命、家庭に尽くしてくれたのに私が甘えてしまった。別居直前まで夫婦関係は良好だと思っていたのに…」と涙ながらに告白した。

 小倉は「夫がこんなにも怒りっぽい人とは思わなかった。でも、子供たちや生まれてくる子のためにも、元の関係に戻りたい」と話しているが、その可能性は限りなく小さい。11日にもコメントを出すものとみられるが、すれ違いや性格の不一致など他にも原因はありそうだ。

小倉優子(おぐら・ゆうこ)

 1983(昭和58)年11月1日生まれ、36歳。千葉・茂原市出身。「日テレジェニック2002」に選ばれ、グラビアでブレーク。“こりん星出身”という設定で、語尾に「りんこ」をつけて話すお姫様キャラで人気に。以後、癒し系キャラで親しまれている。私生活では2011年10月に結婚したカリスマ美容師の不倫騒動をきっかけに17年3月、男児2人を連れて離婚。翌18年6月、ママ友との飲み会で歯科医の夫と知り合い、同12月に再婚した。特技は料理、パン作り。162センチ。

PR