新型肺炎拡大…感染540人超、死者17人に WHOが緊急委員会開催 - SANSPO.COM(サンスポ)

新型肺炎拡大…感染540人超、死者17人に WHOが緊急委員会開催

更新

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染による肺炎で、中国当局は22日夜、中国本土で新たに8人の死亡が確認され、死者は計17人になったと明らかにした。発症者は542人となった。世界保健機関(WHO)は22日「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たるかどうかを協議するため、専門家による緊急委員会を開催。中国政府は感染予防や制圧に力を注いだ。

<< 下に続く >>

 香港政府も22日、感染の疑いが強い男性患者が見つかったと発表した。他に日本、韓国、台湾、マカオ、タイ、米国でも感染者が確認されている。

 中国では春節(旧正月)に伴う24~30日の大型連休で多くの人が移動するため、さらなる感染の拡大が懸念されている。中国の国家衛生健康委員会は22日、新型肺炎について初めて記者会見し、連休中「人の流動性は激増する。客観的に見て伝染する危険は高まり、予防は難しくなる」として、人が多く集まる場所にはできるだけ行かないよう訴えた。

 発症者のほとんどが武漢市に集中していることから「武漢市外の人は武漢に行かず、市民は市外に出ないようにすれば、ウイルスが伝染する可能性は下がる」とも呼び掛けた。(共同)

PR