明治、アイス全商品に賞味期限を設定へ 問い合わせ急増で - SANSPO.COM(サンスポ)

明治、アイス全商品に賞味期限を設定へ 問い合わせ急増で

更新

 明治は22日、市販するアイスクリーム全商品について、来年4月をめどに賞味期限を設定すると発表した。冷凍庫で保存するアイスは品質の劣化がわずかとされ「要冷凍(マイナス18度以下で保存)」などと記載することで、大半のメーカーは期限設定を省略している。明治は食への関心の高まりから問い合わせが急増していることを主な理由に挙げている。

<< 下に続く >>

 全てのアイス約30品目のうち「明治 エッセル スーパーカップ」シリーズの7品目は今年6月の出荷分から先行して記載し、他の商品も順次切り替える。7品目の期限は保存試験の結果や海外事例を参考に、一部を除き製造日から2年後に設定する。

 「冷凍庫に保存しているアイスはいつまで食べられるのか」といった問い合わせは年々増加し、賞味期限の表示を希望する声も多いという。

 冷凍保存していれば細菌が増殖せず、長期間保存しても品質変化はわずかとされていた。期限を設定することで食品ロスが拡大する恐れもあり、明治は食品を寄付する「フードバンク」との連携強化といった対策も合わせて進める。

PR