大黒摩季、最後の卵子が着床せず「人生で一番の挫折、自分に裏切られた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

大黒摩季、最後の卵子が着床せず「人生で一番の挫折、自分に裏切られた」

更新

大黒摩季  4月に一般男性の夫と離婚していたシンガー・ソングライター、大黒摩季(49)が23日、フジテレビ系「とくダネ!」に生出演。自身の不妊治療について語った。

<< 下に続く >>

 2003年に結婚した大黒は婦人科系疾患を患い、15年に子宮を全摘出。17年まで凍結受精卵を使った代理母出産を試みていた。円満な話し合いの結果、18年初めに離婚に合意したが、多忙で離婚届を出せずにいたところ、夫の新たなパートナーが妊娠。出産後の今年4月に離婚届を提出した。

 大黒は「一昨年かな。秋、完全にアウトになって。全部なくなった」と話すと、MCの小倉智昭(72)が「最後の一つを残してあった凍結した卵子を使ったけど、(代理母の子宮に)着床できなかった」と解説。大黒は「そうですねー。あの時が一番(つらかった)」と振り返った。

 続けて大黒は「今は全然前に行っているから、次のことばっかり考えて、ワクワクする2020年なんですけど」と現在は前向きさを取り戻していることを強調。その上で「その時が多分、人生で一番の挫折ですね。自分に裏切られたって感じですよね。どこかでやっぱりノー天気だから『どうにかなる。きっと私のことだから。逆転一発ホームランが出るんじゃないか』と思ってたんですよね。そうしたら凡打で終わりましたね、最後」とその時の気持ちを語った。

PR