9歳で理数系大卒レベルの数学検定1級合格!小4・安藤くん、将来「地球温暖化止める研究」を - SANSPO.COM(サンスポ)

9歳で理数系大卒レベルの数学検定1級合格!小4・安藤くん、将来「地球温暖化止める研究」を

更新

 数学の実力を測る「実用数学技能検定」を全国で実施する公益財団法人「日本数学検定協会」(東京)は10日、今年10月に行われた検定で、兵庫県西宮市の小学4年、安藤匠吾君(9)が最難関の「数学検定1級」に合格したと発表した。1級は理数系大学の卒業レベルで、9歳は最年少記録。安藤君は1歳から数字への興味を見せ始め、幼稚園で九九をマスター。将来は「世の中の役に立てるようになりたい」とコメントしている。

<< 下に続く >>

 9歳の小学4年生が超難関を、見事突破した。

 「『合格』の文字を見たときは、涙が出そうなくらいうれしくなりました。数学検定合格を目標にして数学を学んだことで、問題を解くことの楽しさや目標を持って学ぶことの大切さを知ることができました」

 安藤君が発表したコメントには、学ぶ喜びがあふれていた。

 1級は、1次の計算技能検定(7問、60分)と2次の数理技能検定(4問、120分)で構成され、どちらも記述式で解答。内容は理数系大学卒業レベルと高度だ。

 10月27日の検定では「素数判定条件を与えるWillsonの定理に関する問題」などが出題され、受験494人中、合格は71人で、合格率は約14・4%。今年度は4月と6月にも検定が行われており、年度を通じた合格率はまだ公表されていないが、昨年度は約5・7%と狭き門だった。

 日本数学検定協会によると、これまで1級の最年少合格は昨年10月に合格した東京都在住の当時小学5年の男児(同11歳)だった。わずか1年で記録が塗り替えられ、同協会の担当者は「1級は出題範囲が非常に広い。昨年も驚いたが、まさか1年で更新されるとは」と話した。今回1級受験を申し込んだなかには8歳もいたという。

 同協会によると、安藤君は1歳の頃にテレビで放送されていた「すうじのうた」に興味を示し、幼稚園では九九をマスター。数学検定を目指して勉強を始めたのは2017年の小学2年頃からで、同年10月に7歳で5級(中学1年程度)に合格すると、翌18年10月には早くも準1級(高校3年程度)。1級は今年4月に1次を突破し、10月の2次に挑んだ。

 「将来は学んだ数学の知識を生かして、地球温暖化を止める研究など世の中の役に立てるようになりたい」と安藤君。希望の星となりそうだ。

★他の検定でも天才児が登場

 他の検定試験でも天才児が登場している。今年11月、高校中級程度の英語力が求められる「実用英語技能検定(英検)・準2級」に大阪府の6歳女児が合格。日本英語検定協会の担当者は、「リスニングや筆記の1次試験だけで計100分。2次は面接で、日本語で受けても6歳には難しい内容」と驚く。また、「日本漢字能力検定」を行う日本漢字能力検定協会によると、約6000字の漢字や故事成語などの知識が求められる「1級(大学・一般程度)」で、2013年に当時6歳の合格者がいた。

実用数学技能検定

 数学・算数の実用的な技能(計算、作図、統計、証明など)を測る記述式の検定。日本数学検定協会が1992年から全国で実施。1級~5級までを「数学検定」、6級~11級や幼児向けの「かず・かたち検定」を「算数検定」と呼び、最上位の1級は1次が全問題の約70%、2次は約60%の正解が合格基準。小学4年程度は「8級」で、「加減乗除の計算」や長方形の面積などを問う。文部科学省が後援し、2015年以降は年間志願者数が35万人を超える。

PR