間宮祥太朗×桜井日奈子で『殺さない彼と死なない彼女』映画化!ネガティブキャラが愛おしい! - SANSPO.COM(サンスポ)

間宮祥太朗×桜井日奈子で『殺さない彼と死なない彼女』映画化!ネガティブキャラが愛おしい!

更新

[間宮祥太朗]ヘアメイク・三宅茜 スタイリスト・津野真吾(impiger) [桜井日奈子]ヘアメイク・白水真佑子 スタイリスト・小林希 撮影・星野雄飛  インパクト満点のやや不穏なタイトルと、そのイメージを覆す共感と感動で、SNSを中心に多くの支持を集めた大人気コミック『殺さない彼と死なない彼女』を『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』の小林啓一監督が実写映画化。不器用なのにチャーミング、ネガティブなのに共感せずにはいられない“殺さない彼”と“死なない彼女”を『帝一の國』の間宮祥太朗と『ママレード・ボーイ』の桜井日奈子がダブル主演で好演!

<< 下に続く >>

■監督のこだわりに刺激「1日、撮影しない日も」

 「殺す」が口癖でスマホ依存の無気力男子・小坂れいを演じた間宮祥太朗と、「死にたい」が口癖で周囲から変人扱いされている心優しきネガティブ少女・鹿野ななを演じた桜井日奈子。Twitterの投稿から人気に火が付き、大人気となったコミックの実写化に、2人もすぐに興味を持ったという。

 桜井日奈子(以下:桜井)「原作を読んで、私も不器用なんだけど愛おしい登場人物たちに魅せられた1人で、お話を頂いたときは、ぜひ鹿野を演じさせていただきたいと思いました。鹿野の動物的なところがかわいらしくて、私、実写でこれを表現できるだろうかと少し不安に思ったところもあったんですが(笑)。鹿野って悲しいときには涙を流すし、おいしいものを食べるとおいしい!という顔をする。本能のままに生きているようなところがあって、なんかちょっと動物っぽいなと」

 間宮祥太朗(以下:間宮)「悲しいときに泣けないのか(笑)?」

 桜井「私も、そういうときはちゃんと泣きます(笑)。なので、鹿野にも共感できたんです」

 間宮「僕も、SNSで“泣ける4コマ”と話題になった原作を実写化するんだ、と興味を持ったんですけど、僕はもともと小林監督の『ももいろそらを』を拝見していたので、今回お話をいただいて一番うれしかったのは小林監督とご一緒できるということでした。『ももいろ-』はモノクロで主人公の女子高生の日常をずっとカメラで追いかけた作品なんですが、特別なドラマを起こそうとしていなくても、その子自体がドラマティックというか、登場人物が生き生きしていて瑞々しく描かれている。口が悪くても愛があって、ガサツな喋り方でも、それがすごく魅力的になる。今回の登場人物たちとも通じる部分だと思います。最初に『ももいろ-』を見たときから、これは女優さんの表現力もあるんだろうけど、小林監督の演出力もすごいんだろうなと思ったんですが、今回の撮影でものすごいこだわりを目の当たりにし、改めて小林監督の演出のすごさを実感しました。例えば今回、すべて自然光で撮影していたので、日が出ているときしか撮影できなかったりしているんです」

 桜井「1日、何も撮らなかった日もありましたよね」

 間宮「ありましたね。今日は日光が出ていないからって。本来、監督がやりたいことにきちんと時間を割くことができるのが作品にとっても有意義だし、今回、僕らがこれだけリラックスして撮影できたのも、きちんと時間をかける現場だったからということもあったと思います」

 桜井「私もそう思います。事前にリハーサルの期間も頂いたし、そこで役についていろいろ探ることもできたし、撮影現場でも、1カットごとに皆で確認しながら、次はこうやってみようか、と話し合いながら撮っていくことができた。本当に有意義な時間でしたね」

 間宮「撮影に時間がかかるからストレスになるというものでもないんですよね。小林監督は、OKが出た後も“OKなんだけど、もうちょっと何かあるかな”と言って、さらに何パターンか撮るということがあるんですが、それで時間がかかっても僕はまったくストレスを感じていませんでした。監督は何かを探しているという感覚を僕らと共有してくれる。OKのカットを開示してくれて、それとはまた別のものもやってみて他にも何かないか探してみよう、ということなので、僕らも楽しみながら、監督と一緒に、もっと何か出てこないか探っていくことができました」

■ネガティブなのに愛おしい。小坂と鹿野の役づくり

 妥協することなく丁寧に、時間をかけて紡ぎあげた小坂、鹿野たちの物語。一見、誰に対しても壁を作っているかのように見える2人を、間宮と桜井が魅力的に、共感度満点に演じている。

 間宮「桜井さんが演じた鹿野は本当に難しい役どころだったと思います。鹿野が魅力的に見えないとこの作品が成立しないという役だから…僕は、ただぶっきらぼうにしていればよかったけど(笑)」

 桜井「いえ、間宮さんに引っ張っていただいたおかげです。とくに最後のほう、夢の中に小坂が出てくるシーンでは、数十回もテイクを重ねてしまって。私がリハの段階で感情が高まりすぎて大泣きして、いざ本番で涙が枯れてしまったという…。最後の最後でOKを頂いたのは、間宮さんのお芝居に引っ張ってもらったからだと思っています」

 そんな小坂や鹿野への共感は?

 間宮「演じる役によっては共感する部分が少ないということもあるんですが、今回の小坂は、理解できる部分がけっこう多いと感じました。僕自身、口の悪さに心当たりがありますし(笑)、好きな女の子に対して優しくしたり相手を喜ばせるような言動ができず、あえて距離をとってしまったりする気持ちも分かる。でも、その距離感に愛を感じるんです。冷たくして、つっけんどんな態度をとったっていいだろというスタンスをとりつつ、鹿野が本当に傷ついていないか、大丈夫かどうか、自分から距離をとりながら不安になっていたりする。そんな小坂が、ちょっとかわいいと思いました(笑)」

 桜井「鹿野は、本当はすごく感受性が豊かな子だなと思うんですけど、自分の気持ちをうまく周りに伝えられなかったりするんですよね。私はわりと自分の思ったことを態度に出せるタイプですし、ずっとバスケをやっていてゴリゴリの運動部でもあったので(笑)、ちょっと違うタイプかなと思うんですが、でも鹿野がかまってほしいときになんとなくかまってほしいような行動をするのは共感できます」

 間宮「僕は中学3年のとき、ほぼ小坂でしたよ(笑)。中学2年のときに野球をやめて、それまでクラスの中でも目立ってうるさい集団の真ん中にいたのが、自分の立ち位置や人間関係が変わってしまって。休み時間は、教室の後ろの席でずっと寝ていたりして、まさに小坂のようだった時期がありました」

■もし小坂や鹿野がクラスメイトだったら…?

 息ぴったりの芝居を見せた間宮と桜井。もし2人が学生時代にクラスメイトだったら…?

 桜井「私、間宮さんとだったらすぐ仲良くなれると思います。今回、鹿野と小坂の2人のシーンが多かったので、現場でもよく間宮さんとご一緒させていただいたんですが、一見クールな方かなと思いきや、コンビニでガムを買ってくれたり、空き時間にクイズで場を明るくしてくれたり。クイズで遊んでいたときのテンションもけっこう高くて(笑)。私も楽しい雰囲気が大好きなので、明るいノリも受け止めてくれる人なんだと分かって、すごく安心しました。もっとテンションの高い間宮さんを見てみたかったです(笑)」

 間宮「自分ではわりと大人しくしていたつもりなんですけど(笑)。僕も、桜井さんがクラスにいたら体育会系つながりで、すぐ仲良くなれたと思います。運動部系であれ文科系であれ、まとっている雰囲気が明るい人のほうが男女関係なく友達になりやすいし。あと、これはこちらの勝手な注文ですけど、男子のノリが苦手じゃない女子だと助かります(笑)」

 では、もし小坂や鹿野とクラスメイトだったら?

 桜井「小坂だったら…合わないかもしれないですね。小坂って、いつも教室の隅で、周囲に対して壁を作ってるというか、声をかけちゃダメなのかなという雰囲気を出してたりするので。私だったら、そっとしておいたほうがいいのかなと思ってしまうかも」

 間宮「僕は別に、鹿野に普通に声をかけるのはためらわないと思いますけど、鹿野のほうが僕みたいなタイプを避けるんじゃないでしょうか(笑)」

 繊細で複雑な気持ちを抱え、孤立しがちな小坂と鹿野。そんな2人が引かれ合った理由とは…。

 桜井「私は、鹿野と小坂は2人ともが少し変わっていたからじゃないかな、と思います。ちょっと周囲から浮いていて、孤独感を抱えていて…お互いに似たような空気を感じ合っていたんだと思う。だから無意識のうちに引かれ合ったんじゃないかなと思います」

 間宮「それと、2人はお互いに足りないものを補い合うことができる存在だったんじゃないかな。この人といるときは、自分の嫌な部分をちょっとだけ受け入れることができる、というか、肯定できることを、たぶん頭ではなく心の奥底で感じていて、一緒にいると気持ちがラクで居心地がいい。だから表面的にはぞんざいな態度をとりつつも、気づけば一緒にいるんでしょうね」

 自分自身のことも気になる相手のことも素直に“好き”なんて言えない…そんな複雑な気持ちは大人にだって、よく分かる。

 桜井「私も自分の嫌いなところがたくさんあります(笑)。仕事でも人間としてもまだまだ未熟だと思うことばかりで。まあ、言い出したらキリがないんですけど」

 間宮「僕は自分自身を好きか嫌いでとらえたことがないですね。好きだろうと嫌いだろうと自分は自分、というか。そういうことを考えるのって人間くらいなものでしょうね。例えば犬は、この人好き、この人が苦手、とかあっても自分のここが嫌い、なんてことで悩まないだろうし(笑)」

 桜井「間宮さんて、考え方がおもしろいというか、感心させられてばかりです」

 間宮「そうかな(笑)? もちろん僕も、仕事の面で反省することは普通にありますけど、でもそれで自分を嫌いになる必要は無いと思うんです。人によって求めてくることは違うし、誰かに何か言われたからって、自分を無理にその形にはめようとしなくてもいいんじゃないかな」

 桜井「そっか…そうですよね!」

 ネガティブな言動に隠された優しさと、タイトルに込められた切なくも温かな結末に、共感&感動必至。

 11月15日全国公開。

(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)


 著名人インタビュー記事・エンタメ情報が充実! TOKYO HEADLINE

 http://www.tokyoheadline.com/

PR