松本白鸚、「ラ・マンチャの男」1300回公演「私も喜寿を迎えました」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

松本白鸚、「ラ・マンチャの男」1300回公演「私も喜寿を迎えました」

更新

 歌舞伎俳優、松本白鸚(77)が21日、東京・丸の内の帝国劇場で主演ミュージカル「ラ・マンチャの男」の上演1300回公演を迎え、特別カーテンコールを行った。

<< 下に続く >>

 1969年の日本初演から50年にわたり主演を務める白鸚は、共演の瀬奈じゅん(45)から花束を贈られ、「初演以来50年、私も喜寿を迎えました。一生懸命に無我夢中でやってこれたのも、劇場に足を運ばれたお客さまのおかげです」とあいさつ。「これからも命の続く限り、役者人生、人間として生きてまいります」と生涯現役を宣言した。

 この日は米ブロードウェーの初演に出演し、1970年に白鸚がブロードウェーでも主演した際の演出スタッフを夫に持つミミ・タークさんが観劇。「大変感動しております」と祝辞を述べると、白鸚は涙をぬぐいながら「夫のベックさんはリハーサルで懇切丁寧に教えてくださり、今でも忘れることはできません」と感謝した。

 最後に英語で「見果てぬ夢」を熱唱すると、総立ちの1800人から拍手喝采を浴びた。

PR