【WEEKDAYはグラドル日記(108)】Gカップくびれボディーを武器に、芝居の世界からグラビア進出した川村あい - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【WEEKDAYはグラドル日記(108)】Gカップくびれボディーを武器に、芝居の世界からグラビア進出した川村あい

更新

Gカップくびれボディーを武器に、芝居の世界からグラビア進出した川村あい  川村あい(かわむら・あい、24歳、トミーズアーティストカンパニー) ★生まれ 1995年6月8日 ★出身地 静岡県 ★デビュー 2014年 ★スリーサイズ 159センチ、B88(Gカップ)W61H90

<< 下に続く >>

 芝居の世界から、Gカップくびれボディーを武器にグラビア界へ進出した川村あい!

 --芸能界デビューのきっかけは

 「女優になりたくて、高校卒業後、演技の専門学校や俳優養成所に通い、現在の事務所のオーディションを受けて合格しました」

 --グラビアの魅力は

 「もともと胸が大きいことがコンプレックスだったのですが、グラビアは逆にそれが生かせると事務所からアドバイスをいただき、昨年グラビアデビューしました。魅力は、人々の癒やしや支えになれることです」

 --セールスポイントは

 「Gカップの胸とくびれボディーです」

 --5月8日に発売された男性誌「月刊キスカ6月号」(竹書房)でDVD付録の撮り下ろし企画「ジムに通う子を口説いてお持ち帰りしたら巨乳だったので色々○○○○しちゃいました」に出演しましたが

 「演技には自信があったのですが、常にカメラ目線で演技をしなければならなかったので、大変でした。芝居のときの癖で、カメラを見ずに演技をしてしまって…。カメラマンを見ながらせりふをしゃべるのが不思議な感じでした。部屋着だったり、セクシーな格好になったりするのですが、グラビアのポーズの見せ方が分からず、いろいろやっていたら全身筋肉痛になってしまって…。でも、新鮮で楽しかったです」

 --10月24~28日に東京・日暮里d-倉庫で上演される劇団、東京ストーリーテラーの舞台「凛として」に出演されますが

 「終戦から3年後が舞台の群像劇で、米軍兵相手の娼婦役を演じます。稽古の真っ最中ですが、心の葛藤など演技をする上で表現が難しいです」

 --趣味、特技や最近ハマっていることは

 「観葉植物をながめることが好きで、特にサボテンが好き。チクチクして丸いのがかわいくて。あと、毎日絶対に牛乳を飲んでいます。もともと大好きで、胸がもっと大きくなるかもという期待もあって(笑)。特技は小学3年から続けている書道で、十段です。着物の着付けもできます。最近はジムにハマっていて、週1ペースで通い、腹筋マシンやウオーキング、バランスボールをやっています」

 --好きな男性のタイプは

 「一緒にいて落ち着く人。私があまりしゃべらないので、しゃべらなくても居心地の良い人がいいです。あと、もの知りな人が好き」

 --将来の夢は

 「まずはグラビアで自分のことをみなさんに知ってもらって、そこから女優として一人前になりたい。将来は女性から好かれる女優になりたいですね」

 9月16日に、東京・東日本橋の初音森ビル5階が会場の東京Lily撮影会で個人撮影会を開催する。

PR