世界長者番付11位の大富豪、D・コーク氏死去 79歳、前立腺がん - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

世界長者番付11位の大富豪、D・コーク氏死去 79歳、前立腺がん

更新

2013年8月、米南部フロリダ州オーランドで話すデービッド・コーク氏(AP)  デービッド・コーク氏(米大富豪で大統領選にも影響力を持つ「コーク兄弟」の弟)米紙ウォールストリート・ジャーナルなどによると、23日死去、79歳。前立腺がんで闘病を続けていた。家族が明らかにした。

<< 下に続く >>

 40年米中西部カンザス州生まれ。兄チャールズ氏と共に石油などを中心とした大手企業グループ「コーク・インダストリーズ」を経営。今年の米誌フォーブスの世界長者番付でチャールズ氏と共に総資産505億ドル(約5兆3700億円)で11位に入った。

 小さな政府を絶対的信条とするリバタリアン(自由至上主義者)として知られ、10年の米中間選挙で保守派運動「ティーパーティー(茶会)」を支援し、共和党躍進の立役者となった。トランプ政権の保護主義的な通商政策には批判的だった。(共同)

PR