台湾企業が日本の仮想通貨業者を提訴 約10億円の賠償求める - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

台湾企業が日本の仮想通貨業者を提訴 約10億円の賠償求める

更新

 暗号資産(仮想通貨)交換業者「ビットポイントジャパン」(BPJ、東京)から虚偽の請求を受け、過剰な送金をさせられたとして、台湾のグループ会社「ビットポイント台湾」(BP台湾)が23日、約10億円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

<< 下に続く >>

 訴状によると、BP台湾の顧客が仮想通貨を購入すると、同社はBPJの請求に基づき日本に送金。仮想通貨はBPJが管理していた。BPJは7月、システムへの不正アクセスで仮想通貨が流出したと発表、全てのサービスを一時停止した。

 BP台湾は、流出問題をきっかけにBPJの過去の請求を調査。過剰請求が原因で顧客から預かっている資金が約5億円不足していることが分かったとしている。

 BP台湾の黄基忠会長は提訴後、東京都内で記者会見し「BPJが顧客の資産を管理している。誤りを正して返済すべきだ」と訴えた。

 BPJの親会社リミックスポイント(東京)は「訴状が届いておらず、会見内容も把握していないのでコメントは差し控える」としている。

PR