JR北海道子会社の社員、3500万円横領で解雇「競馬や借金の返済に充てた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

JR北海道子会社の社員、3500万円横領で解雇「競馬や借金の返済に充てた」

更新

 JR北海道の保線業務を担う子会社「北海道軌道施設工業」(札幌市)は23日、社員で構成する持ち株会名義の口座から約3500万円を横領したとして、総務部の男性事務主任(38)を懲戒解雇処分にした。

<< 下に続く >>

 同社によると、男性は昨年5月から持ち株会の理事長を務め、今年4~7月、管理していた通帳と印鑑を使用して、20回にわたって積立金や配当金を引き出した。7月29日に会員から振り込みが遅れていると同社に連絡があり、上司が男性に確認したところ、横領を認めた。

 男性は聞き取りに対し「競馬や借金の返済に充てた」と話し、全額返金する意向を示しているという。同社は道警に業務上横領容疑で告訴することを検討している。

 また、管理責任を問い、社長を減給50%(6カ月)、業務支援本部長と総務部長を減給30%(3カ月)の処分とした。

PR