焼き肉店、交雑種を「和牛」と提供 卸元が偽装疑い…詐欺容疑で告訴検討 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

焼き肉店、交雑種を「和牛」と提供 卸元が偽装疑い…詐欺容疑で告訴検討

更新

 焼き肉店経営の「オーシャンフーヅ」(神戸市中央区)は23日、「和牛」として提供した牛肉の一部が、和牛と乳牛を掛け合わせるなどした「交雑種」だったと明らかにした。申し出があれば飲食代の一部を返金する。卸元の精肉店が偽装したとしており、詐欺容疑での告訴を検討している。

<< 下に続く >>

 同社によると、交雑種が提供されたのは兵庫県内に7店ある「焼肉六甲」。2016年春以降、神戸市東灘区の精肉店「神戸サカヱ屋」から単価の高い「和牛」として納入した。だが、外部から不審点があると指摘された精肉店が今春、「これまで一度も和牛を納品したことはなかった」と説明した。

 納品書に記載された牛の個体識別番号を調べると、交雑種が多いことが判明。和牛の番号でも、1頭から最大30キロしか取れないはずの部位が100キロ以上納品されたケースがあった。計3・7トンに偽装の疑いがある。

PR