芥川、直木賞贈呈式 大島真寿美さん「地道に、淡々と、一行一行書き続けたい」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

芥川、直木賞贈呈式 大島真寿美さん「地道に、淡々と、一行一行書き続けたい」

更新

贈呈式であいさつする直木賞の大島真寿美さん=東京都内のホテル  第161回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の贈呈式が23日、東京都内で開かれ、「むらさきのスカートの女」の今村夏子さん(39)に芥川賞が、「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」の大島真寿美さん(56)に直木賞がそれぞれ贈られた。

<< 下に続く >>

 受賞スピーチで登壇した今村さんは、紺色のワンピース姿で緊張した面持ち。受賞後、長らく音信不通だった学生時代の同級生から連絡を受けた逸話を紹介し、「『好きなことが見つかって良かったね』と言われ、大きなプレゼントをもらった気がした。この言葉を大事にしたい」と語った。

 大島さんは受賞作で描いた江戸中期の浄瑠璃作者、近松半二に言及し、「半二が書き続けたように、私も地道に、淡々と、一行一行書き続けていきたい」と意気込んだ。会場には人形浄瑠璃文楽の人形が飾られ、人形遣いの桐竹勘十郎さんらが壇上に登場。大島さんが感謝の言葉を述べていた。

PR