中条あやみの告白で会場が不思議な空気に「変な話になっちゃいました」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

中条あやみの告白で会場が不思議な空気に「変な話になっちゃいました」

更新

映画「正しいバスの見分けかた」の初日舞台あいさつを行った中条あやみら  女優、中条あやみ(22)が23日、東京・シネマート新宿で主演映画「正しいバスの見分けかた」の初日舞台あいさつを行った。

<< 下に続く >>

 当時高校3年生で、シナリオ大賞グランプリを獲得した高橋名月監督の初作品。宇宙人を見たという女子高生の主人公を演じた中条は「(観客の)みなさんは宇宙人を見たことがあります? 私は小学生のときに見たので、役に共感できる部分あって楽しかった」と発言。会場は静まり返る中で、一部笑いが起きるという不思議な空気に包まれると、中条は「変な話になっちゃいましたね」と苦笑した。

 同作は2015年に、2日間という短い期間で撮影。中条は「(当時の撮影秘話を)全然覚えてないけど、青春が詰まった映画が上映されてうれしい」と笑顔をみせた。

PR