韓国の協定破棄は「北朝鮮を利するだけ」 防衛省、自衛隊は困惑 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

韓国の協定破棄は「北朝鮮を利するだけ」 防衛省、自衛隊は困惑

更新

 韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことで、対北朝鮮を巡る日米韓の連携を左右する可能性もある。自衛隊内では「想定外だ。韓国は何を考えているのか」との困惑が広がり、「協定によって北朝鮮の情報を共有してきた。破棄となれば、北朝鮮を利するだけだ」と今後を危ぶむ声も上がる。

<< 下に続く >>

 防衛省幹部は「地理的に北朝鮮に近い韓国軍の方が、ミサイル発射の際は多くの情報を得やすい」と指摘。岩屋毅防衛相も22日の記者会見で、北朝鮮のミサイル発射に関し「韓国側とはGSOMIAを通じてさまざまな情報交換をしている」と述べ、協定の意義を強調したばかりだった。

 一方で、自衛隊幹部の一人は「協定ができる前からミサイル情報は入手できており、以前の状況に戻るだけだ。日本の監視で得た飛距離などのデータを入手できなくなり、損が大きいのはむしろ韓国の方だ」とみる。

PR