「ミスセブンティーン2019」4人が決定。先輩モデルの横田真悠、大友花恋がエール - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

「ミスセブンティーン2019」4人が決定。先輩モデルの横田真悠、大友花恋がエール

更新

【Seventeen夏の学園祭2019】左から、大友花恋、雑賀サクラ、ブリッジマン遊七、瀬戸琴楓、田中杏奈、横田真悠  (撮影・塩浦孝明) =神奈川県横浜市  女性ファッション誌「Seventeen」の恒例イベント「夏の学園祭」が22日、パシフィコ横浜で行われ、ミスセブンティーン2019の4人がお披露目された。

<< 下に続く >>

 応募総数3504人の中から選ばれたのは、神奈川県出身の瀬戸琴楓(ことか、13)、東京都出身の雑賀(さいが)サクラ(14)、富山県出身の田中杏奈(13)、京都府出身のブリッジマン遊七(ゆな、13)。美脚がまぶしいミニスカートやショートパンツ姿で初々しくランウェイを歩き、3000人の読者ファンから大歓声を浴びた。

 瀬戸は「憧れのミスセブンティーンになれて、すごくうれしい!」と感激。ブリッジマンは「先輩のように、キラキラしたモデルになれるように頑張ります」と誓った。

 先輩モデルの横田真悠(20)は「自分の時を思い出して…」と涙ぐみ、大友花恋(19)は「今日のことを大切にしてほしい」とエール。同じく先輩モデルの日向坂46・小坂菜緒(16)は、体調不良のため欠席した。

PR