韓国高官「日本こそ国際法違反」 記者会見で輸出規制批判 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

韓国高官「日本こそ国際法違反」 記者会見で輸出規制批判

更新

記者会見する韓国大統領府の金鉉宗・国家安保室第2次長=19日、ソウル(共同)  韓国大統領府の金鉉宗・国家安保室第2次長は19日、元徴用工訴訟問題を巡り、韓国の対応が国際法違反との日本側の主張は誤りで、韓国への半導体材料の輸出規制を強化した日本こそ国際法に違反していると反論した。大統領府で記者会見した。

<< 下に続く >>

 元徴用工、輸出規制強化の問題で日韓の溝は埋まっておらず、非難の応酬となった。日本は国際司法裁判所に、韓国は世界貿易機関(WTO)にそれぞれ提訴を検討。互いに国際機関の判断を仰ぐ事態になれば、問題は長期化が必至だ。

 金氏は「そもそも強制徴用という非人道的な不法行為を通じて国際法に違反したのはまさに日本だ」とも主張した。一方、元徴用工問題の外交的解決が重要だとも強調し、日本側と協議していく姿勢を重ねて強調した。

 河野太郎外相は19日、南官杓駐日韓国大使を外務省に呼び、元徴用工問題を巡る日本政府の仲裁委員会開催要請に応じなかった韓国政府の対応に抗議。「極めて無礼だ」と表明し、韓国の対応を「国際法違反」と指摘した。(共同)

PR