古市氏、受賞ならず…芥川賞に今村夏子さん、直木賞は大島真寿美さん - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

古市氏、受賞ならず…芥川賞に今村夏子さん、直木賞は大島真寿美さん

更新

第161回芥川賞に決まった今村夏子さん(右)と直木賞に決まった大島真寿美さん=東京都内のホテル  第161回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は今村夏子さん(39)の「むらさきのスカートの女」(「小説トリッパー」春号)に決まった。前回に続いて候補入りした社会学者、古市憲寿さん(34)の受賞はならなかった。

<< 下に続く >>

 初めて候補全員が女性だった直木賞には、大島真寿美さん(56)の「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」(文芸春秋)が選ばれた。

 今村さんは広島市生まれ、大阪市在住。著書に三島由紀夫賞受賞作「こちらあみ子」などがある。受賞作は、近所で異彩を放つ女性を、主人公の「わたし」がストーカーのように観察し続ける、ねじれたユーモアに満ちた物語。選考委員の小川洋子さんは「実在するのか妄想なのか分からない存在を鏡にして、そこに映る『わたし』の本性を描く試みが成功している」と評価した。

 大島さんは名古屋市生まれ、同在住。本屋大賞3位に選ばれた「ピエタ」など、人気作を多く刊行している。受賞作は、江戸中期の浄瑠璃作者、近松半二の生涯を描いた物語。選考委員の桐野夏生さんは「柔らかな大阪弁の語り口がすばらしい。主人公の虚実を巡る闘いがリアルに描かれている」と語った。

 賞金は各100万円。贈呈式は8月下旬、東京都内で開かれる。

PR