韓国の人気番組「PRODUCE 101」日本上陸!審査員は日本国民全員 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

韓国の人気番組「PRODUCE 101」日本上陸!審査員は日本国民全員

更新

世界的に活躍するボーイズグループの発掘にひと役買う左から矢部、岡村=東京・恵比寿  大手芸能事務所、吉本興業が韓国の人気オーディション番組「PRODUCE 101」とタッグを組み、世界で活躍できるボーイズグループを誕生させることが11日、東京・恵比寿のact*squareで行われた会見で発表された。同番組の日本版で、司会はお笑いコンビ、ナインティナインに決定。放送局などは調整中だが、数十億円規模の制作費を投入するといい、矢部浩之(47)は「規模がデカすぎ」と武者震いだ。

<< 下に続く >>

 日本のオーディション番組史上、最大規模の予算で制作されるビッグプロジェクトが始動する。

 矢部も思わず「荷が重すぎます。規模がデカすぎ」と驚く「PRODUCE 101 JAPAN」。韓国で10~20代の若者に絶大な人気を誇り、昨年、HKT48・宮脇咲良(21)らが所属するグローバルガールズグループ、IZ*ONE(アイズワン)が誕生したことでも話題になったオーディション企画の日本版だ。

 今回は、ボーイズグループを結成する。この日から公式ホームページで募集を開始した(5月31日まで)。番組には韓国版同様、面接やパフォーマンス審査などを突破した101人が出演。さまざまなミッションに挑戦しながら念願のデビューを目指す姿を紹介する。

 業界関係者によるプロ目線の審査ではなく、視聴者投票による熾烈なサバイバルが展開されることが特徴。最終的に勝ち残った11人が2020年にデビュー。世界を舞台にした活動を予定している。

 ナイナイにとっては、1995~2002年放送のテレビ東京系「ASAYAN」以来、17年ぶりとなるオーディション番組の司会。同番組からはモーニング娘。やCHEMISTRY、鈴木亜美(37)らが誕生した。

 岡村隆史(48)は「今回はさらに、世界に出ていく人を間近で見られる」と期待。番組の放送局やスタート時期などは調整中だが、豪華なセットや大規模な挑戦企画なども用意される。

 矢部は「国民(視聴者)投票ということで、国民の皆さんと同じ目線で意見を言いたい」と気負いはなし。岡村は「全力で盛り上げます」と約束した。

★日本在住なら国籍問わない

 応募資格は今年7月末時点で義務教育を修了している満16歳以上、30歳以下の男性。日本在住で国籍や自薦他薦は問わない。ボーカル、ラップ、ダンスなどの経験者は歓迎。未経験者でもOKだ。未成年者は親権者の同意が必要となる。

PR