セブンが時短実験、東京・足立の店舗 午前1時閉店、午前5時開店 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

セブンが時短実験、東京・足立の店舗 午前1時閉店、午前5時開店

更新

24時間営業見直しに向けた実験を実施しているセブン-イレブンの店舗で、営業再開時刻についてのお知らせを張る店員=22日未明、東京都足立区  コンビニエンスストア最大手セブン-イレブン・ジャパンは22日、24時間営業見直しに向けた実験を実施している東京都足立区の「セブン-イレブン本木店」の開店作業の様子を報道関係者に公開した。

<< 下に続く >>

 本木店は午前1時にいったん閉店した後、午前4時半ごろから、従業員が店舗に配送されたパンを棚に並べたり、駐車場を閉鎖していた三角コーンを撤去したりした。午前5時には消灯していた看板が再び点灯し、開店した。

 セブン-イレブンは全国の直営10店舗で数カ月間ほど実験を続ける。午前1時の閉店後に車で来たパートの女性(35)は「時短営業は知らずに来てしまった。朝食用のパンを買いに来たが、別の店に行く」と残念そうだった。

 仕事帰りに寄ったという会社員の石原稔也さん(33)は「開いていれば便利だが、午前1時に閉店してもそれほど困ることはない。従業員が働きやすい環境になればいい」と話した。

PR