菅氏、イチロー引退に「ついにこの時が来てしまったか」 国民栄誉賞検討を示唆 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

菅氏、イチロー引退に「ついにこの時が来てしまったか」 国民栄誉賞検討を示唆

更新

 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手の現役引退表明について、閣僚からは22日の閣議後記者会見で、実績への評価や慰労の言葉が相次いだ。菅義偉官房長官は今後、国民栄誉賞授与を検討していく考えを示唆した。「国民にそうした声があることは十分認識しているが、現役引退を公表されたばかりであり、現時点では何も決まっていない」とした。一方で「数多くの輝かしい記録を樹立し、日米の野球ファンを魅了した」と評価した。

<< 下に続く >>

 菅氏は引退表明に関し「ついにこの時が来てしまったかという思いだ。プレーを見られなくなることはとても寂しいが、これまでの活躍と功績に敬意を表し、お疲れさまと申し上げたい」と述べた。

 柴山昌彦文部科学相は「本当に驚き、心にぽっかり穴が開いたようだ。輝かしい実績は決して色あせることがない。心からお疲れさまと言いたい」と語った。桜田義孝五輪相は「日本で育ち米国で大活躍した姿は、日本人の誇りだ。後進の指導など、これからも活躍してほしい」と期待した。

PR