雪上試乗で再認識…自分がスバル車を乗り継いだ理由 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

雪上試乗で再認識…自分がスバル車を乗り継いだ理由

更新

雪上試乗で再認識…自分がスバル車を乗り継いだ理由  ●雪上試乗で改めて実感。安心感こそがスバル・4WDの魅力

<< 下に続く >>

 スバルがプレス向けに行っているSUBARU TECH TOUR。これまでスバルの歴史講座やセントレアでのボーイング787の中央翼製造工場見学など、多彩な企画を実施してきました。10回目となる今回は、山形県における雪上試乗会が行われました。

 試乗会場となった山形県肘折温泉周辺は、青森県酸ヶ湯に次ぐ歴代最深積雪第2位のエリアであり、1972年にスバルが製造した国産初の乗用4WD車の試験が月山で行われたことから選ばれました。

 試乗車として、国産SUV実力派として人気の高いXVとフォレスターが用意され、ガソリン車とハイブリッド車を乗り継いでスタート地点の酒田からゴールの山形駅を目指します。装着されているスタッドレスタイヤは、2017年9月より販売されているブリヂストンのブリザックVRX2で、高い氷上性能、耐摩耗性、静粛性が評判のフラッグシップモデルのスタッドレスタイヤです。

 筆者はカーコメンテーターの高山正寛さんとチームを組み、酒田市内から肘折温泉までの前半セクションをフォレスターアドバンス、肘折温泉から山形駅までのルートをXV 1.6i-Lアイサイトでドライブしました。

 路面状況は前半の酒田市内は降った雪が凍りアイスバーン状態。そして出羽三山神社へ向かう山道は圧雪状態と刻々と変化します。一方の後半のセクションは山道が圧雪状態です、しかし市街地や高速道路ではまったく雪のない路面となりました。ところどころで除雪車が出動し作業を行うほどの積雪量でした。

 フォレスター、XVともにスバル独自のシンメトリカルAWD+ブリヂストンのスタッドレスタイヤによるシナジー効果により、どんな路面状況においても確実に路面を捉えてくれるので、滑るというシーンはほぼありませんでした。街中のアイスバーンや下り坂でもしっかりとブレーキが作動して減速できますので、雪道走行があまり得意ではない私でもアスファルトの路面を走行するのと同じ感覚で運転することができました。

 ちなみに筆者はBP型アウトバック、そして先代XVハイブリッドと10年スバル車を所有していました。せっかく4WD車を購入したにもかかわらず、スタッドレスタイヤを装着したことはありませんでした。多くの人に「雪道を走らないのになぜ4WD買うの?」と聞かれましたが、その答えを今回の雪上試乗会で再認識できました。

 私をはじめ、雪道になれていない人の多くは「リアが勝手に滑る」という現象が起きてほしくないはずです。雪道の走行に慣れている人はスタッドレスタイヤを装着していてもリアが流れたときにはカウンターを当てて修正することが身についています。

 しかし、雪道を滅多に走行しない人はこのカウンターを当てるということが多分できません。それはそういう現象に遭遇するシーンが少ないからです。私も初めて雪道をスタッドレスタイヤを装着したFR車で走った時にシフトチェエンジの度にリアが流れました。その時に、雪道を走行する際には荷重のバランスをいかに崩さないことが大切なのだと感じたのです。

 そして、仕事で長距離ドライブをすることがあります。もちろんアイサイトによる運転支援の効果も大きいですが、スバル独自の4WDシステムをはじめとした総合性能によって突然の雨などによる路面状況の変化にも対応してくれて、ドライバーの負荷を軽減してくれます。まさに面状況の変化に対しても変わらない操縦安定性の高さがスバル車を選んだ理由でした。

 前輪、もしくは後輪だけで走行する2WD車より、すべてのタイヤが駆動する4WD車のほうが安心して運転できるのではないかと思い、スバルの4WD車を10年乗り続けたのです。その自分の考えが様々な路面状況でも安定した操作性を発揮した今回の雪上試乗会で間違ってなかったと再認識できたのです。

 4WD車は2WD車より燃費が悪いと言われていますが、最近の4WDシステムは電子制御化が進み燃費の悪化を最小限に抑えています。もちろん過信は禁物ですが、運転に自信がないなぁと思う人には、4WD車を選ぶことをオススメしたいです。(萩原文博)

提供:clicccar

PR