キンプリ岩橋玄樹、一部活動再開「5人には感謝の気持ちでいっぱい」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

キンプリ岩橋玄樹、一部活動再開「5人には感謝の気持ちでいっぱい」

更新

岩橋玄樹の歩み  持病のパニック障害の治療に専念するため、昨年11月から休養していた男性6人組、King&Princeの岩橋玄樹(22)が、3月20日発売の新曲「君を待ってる」で芸能活動を一部再開することを17日、所属するジャニーズ事務所が発表した。1月下旬から今月上旬にかけてレコーディングなどに参加。今後、体調を見ながら完全復帰を目指す岩橋は「必ずパニック障害を克服して戻ってきます」と力強く約束した。

<< 下に続く >>

 11月に岩橋が活動休止してから約3カ月。メンバー6人がそろったキンプリが、アイドルの王様を目指して再スタートの一歩を踏み出していた。

 この日午後5時、ジャニーズ事務所は公式サイトで岩橋の芸能活動一部再開を発表。1月下旬から今月上旬にかけて、3枚目のシングル「君を待ってる」のレコーディングやジャケット撮影を1人で実施。ミュージックビデオの撮影では休養後初めて6人がそろい、岩橋も元気にこなした。

 休養中は自宅で規則正しい生活を送るなどして療養。5人とは電話やメールで連絡を取り合い、グループの絆は強くなった。所属事務所は、岩橋の現状に関して「良好で順調に快方に向かっております」と報告した。

 今回の活動再開は「段階を経て、心身の状態と仕事の内容を加味しながら、緩やかに活動を再開させることが岩橋の場合には最適」という医師の見解のもとに決定。今後は、事務所顧問医の面談や主治医の診療を受けながら完全復帰を目指す。

 岩橋が休養中、キンプリは初出場を決めた昨年大みそかのNHK紅白歌合戦や、同12月から今年1月まで上演した主演舞台「ジャニーズ King&Prince アイランド」に5人で出演。今後、岩橋のテレビ番組やライブなどの出演に関しては未定で、事務所は「引き続き5人で活動する場面もある」とした。

 岩橋はこの日、コメントを発表し、一部活動再開に「待っていてくださるファンや関係者の皆さまのおかげ」と感謝。

 療養中も連絡を取るなど支えてくれたメンバーの岸優太(23)、平野紫耀(22)、神宮寺勇太(21)、永瀬廉(20)、高橋海人(19)に対し、「僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人には感謝の気持ちでいっぱい」と明かした。最後に「メンバーの思いに応えるためにも、必ずパニック障害を克服して戻ってきます」と宣言。岩橋がグループに“げんき”を与え、6人はさらに輝きを増す。

パニック障害

 動悸(どうき)、発汗、息切れ、めまいなどの症状が突然表れ、死んでしまうような強い不安感が繰り返し襲う病気。発症者は、ストレスをため込みやすい環境の人に多い。発作は一定時間で治まるが、いつどこで出るか分からないため不安がつきまとう。薬物で治療できるが、精神的な面もあり、完治まで長期に及ぶことがある。過去に元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(53)、KinKi Kidsの堂本剛(39)、歌手のyui(31)らも発症している。

PR