キンプリ・岩橋玄樹、3月20日発売の新曲で芸能活動を一部再開 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

キンプリ・岩橋玄樹、3月20日発売の新曲で芸能活動を一部再開

更新

 持病のパニック障害の治療に専念するため、昨年11月から休養していた男性6人組、King&Princeの岩橋玄樹(22)が、3月20日発売の新曲「君を待ってる」をもって芸能活動を一部再開することを17日、所属するジャニーズ事務所が発表した。

<< 下に続く >>

 活動再開を「一部」と制限したことについては「岩橋の状態とパニック障害の性質を第一に考慮しました」と説明。約3カ月間、仕事を離れていたことから「段階を経て、心身の状態と仕事の内容を加味しながら、穏やかに活動を再開させることが岩橋の場合には最適ではないかとの見解を医師よりいただきました」と様子を見ながら完全復帰を目指す。

 そのため「引き続きキンプリが5人で活動する場面もある」とし、岩橋の現状については「良好で順調に快方に向かっております」と報告した。

 岩橋も「現在、治療や課題に取り組んでおり、心身ともに快方に向かっています。今回、活動を再開することができたのは、待っていてくださるファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげ」と感謝。完全復帰へはもう少し時間がかかるが、「徐々に現場に戻っていく中で、改めて仕事ができる喜びを感じています。完全に活動を再開するまでお待ちいただけると幸いです」と力強くコメントした。

 また、「今回の休養と一部活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません」と岸優太(23)、平野紫耀(22)、神宮寺勇太(21)、永瀬廉(20)、高橋海人(19)の5人についても言及。昨年大みそかのNHK紅白歌合戦のステージで、岩橋の立ち位置を空けてメンバーカラーのピンクのスポットライトを当てる演出で絆の強さを見せた仲間に対し、「僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人には感謝の気持ちでいっぱいです」とした。

 今後の具体的な活動は未定だが、「5人でKing&Princeを守り続けているメンバーの思いに応えるためにも、僕は必ずパニック障害を克服して戻ってきます」と約束した。

 岩橋は小学3年のときにパニック障害を発症。昨年5月にキンプリとしてデビューしてブレークすると、環境が激変して症状が悪化し、同11月から休養して治療に専念していた。

PR