柊子、主演舞台で関西弁しゃべくり演技!元阪神・和田監督もビックリ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

柊子、主演舞台で関西弁しゃべくり演技!元阪神・和田監督もビックリ

更新

深津絵里が憧れの女優という柊子は演技派を目指している=東京・渋谷区(撮影・佐藤雄彦)  女優、柊子(しゅうこ、27)の主演舞台「上代裂(じょうだいぎれ)」が東京・赤坂RED/THEATERで20日に開幕する。

<< 下に続く >>

 直木賞作家、黒川博行氏(69)のミステリー小説の舞台化で、気ままなフリーターの女性が、イケメンホストに引っ掛かり借金を背負い、コンゲーム(信用詐欺)を仕掛ける物語だ。

 柊子は「せりふがオール関西弁でテンポが速い」と猛稽古中。親交のある元阪神監督、和田豊氏(56)が先月に大阪公演を観劇したことを明かし、「『ようあんなにしゃべるなぁ!』と感心してくれました」とうれしそうにほほ笑んだ。

 15年度上半期のNHK連続テレビ小説「まれ」で、土屋太鳳(24)演じるヒロインをいびる女性パティシエ役でブレークした柊子は「私はきれいじゃないから人一倍お芝居を頑張らないと」とキッパリ。憧れの女優、深津絵里(46)のように柔軟な演技力で誰よりも輝く存在を目指す。

柊子(しゅうこ)

 1991(平成3)年9月29日生まれ、27歳。奈良県出身。2005年、所属事務所主催の公演「半ダースの日常」で初舞台を踏み、07年に初めて受けたオーディションに合格し、08年公開の映画「那須少年記」で銀幕デビュー。同年、アイドルグループ、JK21の初期メンバーとして参加。約1年でグループ卒業も、作詞活動は継続。15年、NHK連続テレビ小説「まれ」の主人公の先輩パティシエ役でブレークした。趣味はピアノ、日舞、乗馬。165センチ。

PR