関ジャニ∞大倉、成田凌と危ない恋!?人気漫画を行定勲監督が映画化 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

関ジャニ∞大倉、成田凌と危ない恋!?人気漫画を行定勲監督が映画化

更新

男性から肉体関係を迫られる難役に挑む大倉  関ジャニ∞の大倉忠義(33)が、来年公開の映画「窮鼠はチーズの夢を見る」(行定勲監督)に主演することが11日、分かった。男性同士の恋を描いた同名少女漫画の映画化で、広告代理店に勤め、不倫を繰り返す男性を演じる。主人公に肉体関係を迫る後輩役に初共演の俳優、成田凌(25)が決定。大倉は「人が人を好きになるということに境界線はない」と切なく狂おしい恋を体現する。

<< 下に続く >>

 大倉と成田のイケメンコンビが、男性同士の恋愛を描いた衝撃作に体当たりで挑む。

 「GO」「北の零年」などの名作で知られる行定監督(50)がメガホンを執る「窮鼠はチーズの夢を見る」は、同名漫画とその続編「俎上の鯉は二度跳ねる」の実写化。両作を世に送り出した水城せとなさんは、14年に嵐の松本潤(35)が主演した人気ドラマ「失恋ショコラティエ」の原作も生み出した恋愛漫画のカリスマだ。

 大倉は、不倫を繰り返す会社員の恭一役。成田演じる大学時代の後輩で浮気調査員の渉と7年ぶりに再会し、不倫を隠す代わりに肉体関係を迫られる難役に挑む。

 行定監督は映画化する理由について「マイノリティー(少数派)の人が受ける社会の偏見や苦悩に焦点を当てるだけでなく、人と人がぶつかり合う激しくも切ない個人の物語に惹かれた」と熱弁。「大倉忠義と成田凌は、私が撮りたいと思っていた俳優たち」と自ら指名し、「これまでとは違う新しい愛のカタチに期待して」と断言した。

 大倉といえば、映画初出演となった10年の「大奥」で共演俳優、玉木宏(39)と肉体関係を持つ美少年を好演。今作について「衝撃を受けましたが、恋に落ちるきっかけは誰にも分からないもの。人が人を好きになるということに境界線はないということを感じてもらうきっかけになれば」と力を込めた。

 また、3日放送のテレビ番組で昨年大みそかに右足を骨折したことを告白しているが、すでに完治しており、今月上旬にクランクインした撮影も精力的に行っている。

 “相手役”の成田は、16年のTBS系「逃げるは恥だが役に立つ」最終話で同性愛者だとカミングアウトする役で視聴者を驚かせた。今回、大学時代から恭一に片思いしてきた一途な役に「(撮影で)心のスイッチが入りました。誰にとっても共感してもらえる恋愛が描ける」と胸を張った。

あらすじ

 広告代理店に勤める大伴恭一(大倉)は、学生時代から自分を愛してくれる女性と付き合う受け身の恋愛スタイル。優柔不断な性格が災いして不倫を繰り返してきた。ある日、妻から派遣された浮気調査員として現れた大学の後輩、今ヶ瀬渉(成田)と7年ぶりに再会。渉から不倫の事実を隠す代わりに肉体関係を求められた恭一は拒絶するが、一緒に過ごす時間が徐々に心地よくなっていく…。

PR