【ペットと私】川上麻衣子、猫に恩返し「人生の師匠」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【ペットと私】川上麻衣子、猫に恩返し「人生の師匠」

更新

美形でモフモフなタックをうれしそうに抱き上げる川上。やんちゃで愛嬌のある“息子”に夢中だ=東京・台東区(撮影・佐藤雄彦)  猫の心に寄り添うプロと言っても過言ではない。芸能人が愛するペットを紹介する大型企画「ペットと私 にゃんてワンダフル」の2月は、女優、川上麻衣子(53)。現在は愛猫3匹と暮らす。昨年9月には猫と快適に共存するための情報を発信する社団法人を設立。「猫は人生の師匠」が信条の“猫人生”に迫った。 (取材構成・森岡真一郎)

<< 下に続く >>

 女優のかたわら、ガラス工芸作家やエッセイストとしても活躍する川上。それこそ猫の目のようにクルクル仕事をこなす中、愛してやまないのが猫だ。

 今回の取材は川上が2016年10月、東京・台東区谷中にオープンしたセレクトショップ「スウェーデン・グレース」で行った。生まれ故郷・スウェーデンの雑貨や自ら制作したガラス工芸品、猫の絵はがきなどを販売するセレクトショップで、やってきたのは愛猫3匹のうち一番人なつこくて愛嬌(あいきょう)のある雑種のタック(オス、1歳)。

 「でも、やんちゃでじっとしていないの」。川上が抱っこするが、足を突っ張らせたり、首を振ってイヤイヤをする。カメラマン泣かせだが、まん丸の瞳が愛くるしい。タックはスウェーデン語で「ありがとう」を意味するという。

 「普段はタックンと呼んでいるんです」という川上との出会いは17年7月。保護猫活動をしている知り合いの女優のフェイスブックで存在を知った。生まれたばかりなのに母猫とはぐれて3日ほどさまよい、カラスから突つかれて瀕死(ひんし)の状態だった野良ちゃんだった。

 今ではオスのアクア(19歳、スコティッシュフォールド)、メスのココロ(3歳、雑種)が仲間。「タックンはいたずら好き。立ち上がってはタンスの引き出しを開けてオモチャやお菓子を見つける天才なんです。猫には珍しくパンが好き。バターたっぷりの菓子パンが好きなので、すぐ太っちゃう」とわが子のように目を細めた。

 18歳から猫を飼い始めて30年以上。これまで7匹飼って4匹看取った。

 「猫はわが道を生きて命を使い切り、飼い主にそっと別れを告げるしぐさをして死ぬ。そのいさぎよさには、学ぶべきことが多い」という川上。15年に飼い猫の生と死を見つめたエッセー「彼の彼女と私の538日」(竹書房)を出版して以来、全国各地で講演も開き猫に恩返しする生き方を模索するようになった。

 手始めに16年冬、猫好きの交流の場として、猫の多い町でもある谷中をもじったWEBサイト「にゃなか」を開設し、しゃれで「にゃなか市長」に就任。同時に猫好きの芸能人や一般人とともに、飼い方から看取り方まで情報を交換するイベントも開いている。今月23日に東京・世田谷区経堂のイベント酒場「さばのゆ」でも開催。「どうすれば猫と快適な生活を送れるかを考えるきっかけにしていただければ」と語る。

 さらに、昨年9月には猫好き仲間と一般社団法人「ねこと今日」を設立し、自ら理事長に就任。「『猫に関する情報を“東京”から』という意味もかけて名付けたんです。猫の殺処分ゼロも他の団体と協力して目指しつつ、猫に関する楽しいイベントや企画、絵本や映像作品ができればと思っています」と抱負を語った。

 川上を中心とする猫と人間のネットワークから将来、子供も大人もワクワクドキドキできる面白いものが誕生しそうだ。

★猫の手も借りたい!?話題映画に次々出演

 川上は近年、国内のさまざまな映画祭に出品された話題作に次々と出演。「花嫁の手紙」(サンドウィッチマン・富澤たけし監督)では結婚式のプランナー、「テロルンとルンルン」(宮川博至監督)では引きこもり青年の母親、「大きな木になりたい」(日浦明大監督)では息子を事故で亡くす母親を演じている。他にも数本、撮影に参加した映画があり、最近は映画づいている。

川上 麻衣子(かわかみ・まいこ)

 1966(昭和41)年2月5日生まれ、53歳。スウェーデン・ストックホルム市出身。NHK学園高卒。80年、NHKドラマ「絆」で女優デビュー。代表作はドラマ「3年B組金八先生」、映画「幸福」「うれしはずかし物語」「その男、凶暴につき」「でべそ」など。スウェーデンの絵本の翻訳も手がける。96年、中学時代の同級生の鞄デザイナーと結婚したが、2000年に離婚。162センチ。

★自慢のワン&ニャン写真募集します

 自慢の愛猫&愛犬の写真募集します! こちらのコーナーでは、皆さまから投稿いただいた愛猫&愛犬の写真を紹介。写真はインスタグラムでも紹介させていただきます。投稿には、産経iD事務局が発信するメルマガ「にゃんてワンダフルライフ!」(無料)の購読が必要です。産経iDの登録は「https://id.sankei.jp」、インスタは「nyantewonderful」を検索。

企画協力:アイペット

PR