GACKT、何度も鼻にピーナツ詰め込まれ「今世紀最大の茶番劇」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

GACKT、何度も鼻にピーナツ詰め込まれ「今世紀最大の茶番劇」

更新

映画「翔んで埼玉」のジャパンプレミアで“埼玉ポーズ”を披露した二階堂(前列中央)ら=東京・文京区(撮影・戸加里真司)  埼玉県をイジり倒す話題の映画「翔んで埼玉」(2月22日公開)のジャパンプレミアが28日、東京・文京区の東京ドームシティホールで開催され、主演の二階堂ふみ(24)、GACKT(45)らが出席した。

<< 下に続く >>

 二階堂とGACKTは、作中で百美(二階堂)が言い放つ「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」にちなんだ、人工芝の“グリーンカーペット”を歩いて登場。

 魔夜峰央氏(65)の原作漫画は「埼玉ディスり(侮辱、否定)」作品として、埼玉県民にも支持(?)され、69万部を超えるヒットに。“美少年高校生”を演じた二階堂は「埼玉をディスる映画でいいのかと思いましたが、途中から愛の方向に変わります。埼玉の方も千葉の方も、地元を愛する心を増やしていただければ」と訴えた。

 埼玉解放戦線のメンバー、麗を演じたGACKTは当初、高校生役と聞いて「即答で断った」と告白。東京都知事に仕えつつ千葉解放戦線を率いるライバル、阿久津(伊勢谷友介、42)とのシーンを振り返り、「まさに今世紀最大の茶番劇。伊勢谷君から、僕が鼻にピーナツを詰め込まれるんです。リハーサルから何度も。それを笑いを取りにいかず、狙わず真剣にやっています」とアピールした。

 最後は「アイラブ埼玉!」の掛け声とともに、約1000人のファンと「埼玉ポーズ」で団結。ダサイタマからの脱却へ、気勢を上げた。

PR