FF化される新型BMW・1シリーズの最終デザインが見えてきた - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

FF化される新型BMW・1シリーズの最終デザインが見えてきた

更新

FF化される新型BMW・1シリーズの最終デザインが見えてきた  ●新型BMW・1シリーズは3ドアが廃止。FF化で居住空間が改善

<< 下に続く >>

 BMWのコンパクトハッチバック「1シリーズ」の次期型プロトタイプをカメラが捉えました。

 目撃したのは、市販型ヘッドライトのデザインやグラフィックがこれまででもっとも鮮明に確認できる開発車両です。リアエンドでは、L字型テールライトや、エアアウトレットを装備する新デザインのバンパーも確認できます。

 次期型では「MINI」から流用される「UKL1」プラットフォームを採用。テスト車両からもホイールベースが延長され、ダイナミックなエクステリアが伺えます。また、FWDパワートレインの新レイアウトにより、居住空間やラゲッジルームの改善も見込まれています。

 コックピットは、『5シリーズ』からインスパイアされたデザインを採用し、最新世代のインフォテインメントシステムを搭載します。

 パワーユニットは、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ツインパワーターボ、2.0リットル直列4気筒ターボ「120i」、ディーゼルターボ「120d」、さらに1.5リットル直列3気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドも設定されるはずです。また頂点には、最高出力340psとも噂される、2.0リットル直列4気筒ツインターボエンジンを搭載する「M140i」の登場も確実視されています。

 ワールドプレミアは、3月のジュネーブモーターショーが予想されていますが、3ドアは廃止される可能性が高く、5ドアのみのデビューとなりそうです(APOLLO)

提供:clicccar

PR