平原綾香 吹き替え担当の映画「メリー・ポピンズ リターンズ」プレミアに登場 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

平原綾香 吹き替え担当の映画「メリー・ポピンズ リターンズ」プレミアに登場

更新

米映画「メリー・ポピンズ リターンズ」のジャパンプレミアに出席した(左から)平原綾香、エミリー・ブラント、谷原章介  歌手、平原綾香(34)と俳優、谷原章介(46)が23日、東京都内のホテルで行われた米映画「メリー・ポピンズ リターンズ」(2月1日公開)のジャパンプレミアに、主演の英女優、エミリー・ブラント(35)と出席した。

<< 下に続く >>

 同作は米アカデミー賞5部門を受賞したミュージカル映画の続編。

 日本語吹き替え版でエミリー扮する魔法使いのメリー役の声を務めた平原は、日本語版エンディング曲「幸せのありか」を歌唱しながら登場。昨年3~5月に上演されたミュージカルでもメリー役を演じ、今回のオーディションに挑んだと明かし「緊張したけど受かってよかった。吹き替えは2回目で不慣れなところもありましたが、いいものが撮れたと思います」と胸を張った。

 一方、谷原は3人の子供を持つシングルファーザー、マイケル役で洋画吹き替えに初挑戦。初の歌唱シーンを平原から絶賛され、「人前で歌う仕事をしてもいいですかね?」とゴキゲンだった。

 一方、初来日のエミリーは「一番好きなのは日本食なので、最高の時間を過ごしています」と笑顔。メリーとの共通点を問われると「空を飛べるところ。日本酒をいただかないと飛べませんが」とユーモアたっぷり。谷原から「6人の子供がやんちゃなので、メリーにしつけてもらいたい」と持ちかけられ、「ワーオ!」と驚いていた。

PR