清川あさみ氏、南果歩と強力タッグ個展「千年後の百人一首原画展」を開催中 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

清川あさみ氏、南果歩と強力タッグ個展「千年後の百人一首原画展」を開催中

更新

個展をアピールした清川あさみ氏(左)と南果歩  アーティスト、清川あさみ氏が、京都市東山区の両足院で個展「千年後の百人一首原画展-糸で紡ぐ、歌人のこころ-」(12月10日まで、会期中無休)を開催している。

<< 下に続く >>

 俳優やアーティストなどをモデルにした「美女採集」などで知られる清川氏。同展では詩人、最果タヒ氏とタッグを組み話題を呼んだ書籍「千年後の百人一首」の原画100点を一挙に初公開している。百首を糸や布ビーズで表現し、古典の世界を現代風に再構築した作品は、歴史ある両足院を彩っている。

 また同展のもう一つの目玉は女優、南果歩だ。「美女採集」を機に親交を深めた2人。そこで今回、清川氏が、最果氏の詩の朗読を南に依頼。小野小町の詩などを情感豊かに場内で“再現”させた南は「このようなすてきな場所で原画を観ることができるなんてぜいたく」と興奮気味だ。

 清川氏も「まるで千年前の歌が聞こえてきそうな静かな時間が流れる空間をイメージした」と力説。自身のイチ押しには「蝉丸」を挙げ「逢坂の関は人が行き交う場所なので、それを都会の無常観と重ねて絵札で表現しました」と話している。

ランキング

PR