中京も高速料金を距離制に 国交省、審議会に提示 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

中京も高速料金を距離制に 国交省、審議会に提示

更新

 国土交通省は7日、中京圏(愛知、岐阜、三重3県)の高速道路の料金体系を、走行距離に応じた仕組みに統一する方針を社会資本整備審議会の小委員会に示した。1キロ当たりの料金も全路線で原則同じとし、首都圏や近畿圏と同様の体系にする。小委が来年秋ごろにまとめる報告を踏まえ、最終決定する。

<< 下に続く >>

 名古屋市中心部の渋滞緩和につなげるため、迂回ルートとなる東海環状自動車道の整備を見込み、発着地が同じならどのルートを走っても同一料金とする仕組みの導入も検討する。

 中京圏では現在、距離制の区間と均一料金の区間が混在。距離制区間でも1キロ当たりの料金が異なるなど、利用者に分かりにくい仕組みになっている。

 国交省は三大都市圏で高速道路の料金体系見直しを進めており、首都圏は2016年4月、近畿圏は17年6月から距離制に移行している。

PR