1600万円分電子ギフト券詐取被害…50代女性がメールによる架空請求で - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

1600万円分電子ギフト券詐取被害…50代女性がメールによる架空請求で

更新

 佐賀南署は5日、佐賀市内の50代女性がメールによる架空請求で、約1600万円相当の電子ギフト券をだまし取られたと発表した。電子ギフト券はインターネット通販などで利用され、コンビニで購入できる。署は詐欺容疑で捜査し、警戒を呼び掛けている。

<< 下に続く >>

 署によると、6月20日ごろ、「1億円当選おめでとうございます」とのメールが女性の携帯電話に届き、税金対策の費用として電子ギフト券の購入を求められた。

 女性は同22日から10月4日にかけて、400回以上にわたり、コンビニで計約1612万円分の電子ギフト券を購入し、電子マネーとして使う際に必要な個別の番号などを写真で返信した。

 所持金がなくなったとして、女性が署を訪れて発覚した。

ランキング

PR