吉川晃司が始球式 ワンバウンド投球に苦笑い「空気の密度が違った」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

吉川晃司が始球式 ワンバウンド投球に苦笑い「空気の密度が違った」

更新

始球式を務める吉川晃司=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)  SMBC日本シリーズ第6戦(広島-ソフトバンク、3日、マツダ)広島県出身の俳優、吉川晃司が始球式を務めた。親交のある広島OBの黒田博樹氏から借りたというグラブを使い、投球はバウンドしてミットへ。「いつもの雰囲気ではなく空気の密度が違った」と苦笑いした。

<< 下に続く >>

 チームのキャラクター「カープ坊や」を背中にあしらったベストで地元ファンを沸かせた。「カープは戦後復興のシンボル。ことし西日本豪雨で被災された方にも力を届けてくれた」と感謝を口にした。

試合結果へ日本S日程へ

PR