10月期のドラマは「弁護士」が大人気 織田裕二と鈴木保奈美が月9に/芸能ショナイ業務話 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

10月期のドラマは「弁護士」が大人気 織田裕二と鈴木保奈美が月9に/芸能ショナイ業務話

更新

 7月期の各局の連続ドラマが佳境を迎え、10月期の内容も徐々に明らかになってきた。ドラマファンの心が躍る時期だ。

<< 下に続く >>

 医療、刑事、恋愛、青春…。ドラマの“定番”といえる題材はいくつかある。どれもが、お茶の間を魅了し続けてきたテーマであり、視聴者も飽きることなく愛し続けてきた。

 時代によって、はやりはある。今期は“王道”以外で重なったテーマがあって気になっていた。

 フジテレビ系「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(月曜後9・0)と、日本テレビ系「探偵が早すぎる」(木曜後11・59)。共通するのは「犯罪が起きる前に防ぐ」という点だ。

 「絶対零度-」は俳優、沢村一樹(51)が月9初主演。表向きは資料課分室、裏ではキャリア捜査官が指揮を執るAI「ミハン(未犯)システム」を活用し、犯罪を未然に阻止する組織の活躍を描いている。

 一方の「探偵が-」は犯罪計画を察知し、犯人を返り討ちにして事件を未然に解決する異例の探偵(滝藤賢一、41)が、5兆円の遺産を相続して命を狙われる女子大生(広瀬アリス、23)を守る物語だ。

 テーマは共通するものの、犯罪を防ぐアプローチは全く異なる。とぼけつつ肝心なところはキッチリ締める沢村と、ぶっ飛んだ演技が光る滝藤&アリスコンビという対比もおもしろい。

 10月期では「弁護士」が大人気。米ドラマを原作にしたフジ系「SUITS/スーツ」は、91年の「東京ラブストーリー」で一大ブームを巻き起こした織田裕二(50)と鈴木保奈美(52)が、弁護士事務所の部下と上司として月9に帰ってくる。

 テレビ朝日系「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(木曜後9・0)では、米倉涼子(43)が役作りで髪を20センチ切り、美脚ではなく上半身などの露出で新たなヒロイン像を作り込む。連ドラではないが、23日放送のテレビ朝日系ドラマスペシャル「指定弁護士」(後9・0)で弁護士役に初挑戦する北川景子(32)の演技も注目だ。

 各局が趣向を凝らして作り上げるドラマ。どれを見よう…と悩ましくも楽しい日々が、またやって来る。(レッツー)

ランキング

PR