仮面女子・猪狩ともか、オリックス戦で国歌斉唱と始球式補助「一生忘れない1日」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

仮面女子・猪狩ともか、オリックス戦で国歌斉唱と始球式補助「一生忘れない1日」

更新

始球式で牧野百男鯖江市長にボールを渡す仮面女子の猪狩ともか=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)  4月に強風で倒れてきた看板が直撃する事故に遭い、車いす生活を余儀なくされたアイドルグループ、仮面女子の猪狩ともか(26)が31日、プロ野球・オリックス-西武(京セラ)で国歌斉唱と始球式の補助を務めた。

<< 下に続く >>

 この日と9月1日の同戦は、福井県鯖江市による「めがねのまちさばえDAY」と銘打たれており、「めがねのまちさばえ大使」である仮面女子が来場。猪狩はメンバーと国歌斉唱を行い、その後、始球式に臨む牧野百男鯖江市長(76)にボールを手渡した。

 大役を終え「まだ退院していないんですけど、仮面女子の舞台以外でこの日が一番の大舞台。この日に間に合わせるためにリハビリがんばってきたので、うれしいです。ボールを渡す大役も任せられてうれしい。光栄です。一生忘れない1日になりました」と笑顔だった。

PR