夏の夜にピッタリな福耳の結成20周年記念ベスト盤「ALL TIME BEST」/週末エンタメ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

夏の夜にピッタリな福耳の結成20周年記念ベスト盤「ALL TIME BEST」/週末エンタメ

更新

結成20周年を記念したベスト盤で美しいハーモニーを響かせた福耳(ユニバーサルミュージック提供)  BARBEE BOYSのボーカルとして活躍した杏子(58)、山崎まさよし(46)、人気デュオのスキマスイッチ、秦基博(37)ら実力派13組によるスペシャルユニット・福耳がこれまでの軌跡をたどる「ALL TIME BEST ~福耳 20th Anniversary~」を8月22日に発売する。

<< 下に続く >>

 1998年に音楽プロダクション、オフィスオーガスタの所属アーティストで結成。翌99年に「星のかけらを探しに行こう Again」でデビューした。

 同作にはTBS系「誰よりもママを愛す」の主題歌に起用された2006年の「惑星タイマー」や今年4月配信の「イッツ・オールライト・ママ」など全シングル12曲のほかに、最新曲「八月の夢」を加えた計13曲を収録した。

 同曲は福耳のメンバーでソロユニット、COILの岡本定義(53)が作詞作曲。繰り返し訪れる夏の時期に大切な人に対する思いをかみしめる歌詞で、ミディアムテンポの心地よいナンバーとなっている。

 さわやかな美声を響かせるスキマスイッチ・大橋卓弥(40)と秦、味わい深い歌声で魅了する杏子、山崎、元ちとせ(39)がソロパートを担当する。歌の後半ではメンバー全員で♪雨上がりの空に星のかけらを探してたこと決して忘れない-と合唱。デビュー曲「星のかけら-」を意識した表現も盛り込まれているのも特徴だ。

 ちなみに同曲はアルバムの1曲目に収録。♪今宵 星のかけらを探しに行こう-の歌い出しで、「蒼いシリウス」「夏の星座」など涼しげな歌詞が心地よい。そして「八月の夢」はラストの13曲目という構成となっており、郷愁や切なさを感じる福耳のハーモニーを聴きながら夜空を見上げ、「星のかけら」に思いを馳せるのも良いのでは。

 発売日の8月22日にはCOIL・岡本のデビュー20周年の記念アルバム「シンガーとソングライター ~COIL 20th Anniversary」も同時発売される。(山内倫貴)

ランキング

PR