『知って、肝炎』杉良太郎、乃木坂とタッグで啓発!AKBも“共闘” - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

『知って、肝炎』杉良太郎、乃木坂とタッグで啓発!AKBも“共闘”

更新

「知って、肝炎プロジェクト」のメッセージフラッグを掲げ、肝炎撲滅を誓う前列左からコロッケ、杉、伍代、後列左からサッカー元日本代表の岩本輝雄氏、生田、若月、千葉涼平=東京・六本木(撮影・蔵賢斗)  歌手で俳優、杉良太郎(73)が24日、東京都内で行われた厚労省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクトミーティング2018」に出席した。12年から特別参与を務める杉は、肝炎ウイルス検査啓発の輪を広げており、今回は乃木坂46のスペシャルサポーター就任を発表。メンバーの生田絵梨花(21)は「ファンの方々と話をして知識を深めたい」と抱負を語った。

<< 下に続く >>

 8日に史上初となる東京・神宮球場と秩父宮ラグビー場で2会場同時ライブを成功させるなど若者に大人気の乃木坂が、同世代に肝炎検査の重要性を訴える。

 記録的猛暑が続く中、メンバーを代表して生田絵梨花(21)、若月佑美(24)が涼しげなドレス姿で登場し、早速PRにひと役買った。

 日本では年間約3万人が肝がんで死亡。ウイルス感染しても当初は症状がないため、無自覚のまま肝炎から肝硬変、肝がんへと進行するケースもある。この事実を知った生田は「肝炎を身近に感じていなかったと気づきました。自分の両親やメンバー、ファンの方々ともお話をして知識を深めていきたいです」と真剣な表情で訴えた。

 「知って、肝炎プロジェクト」は、肝炎に対する正しい知識、早期発見のため検査の必要性を訴えるプロジェクト。杉は同事業がスタートした2012年から特別参与を務め、地方自治体への表敬訪問やイベント活動などを行ってきた。

 乃木坂は、杉がプロデュースする「第2回 日・ASEAN音楽祭」(10月4日、東京・NHKホール)にも出演。外務省の日・ベトナム特別大使として国際貢献に尽力する杉の姿勢に共感しており、今回も若者への啓蒙活動を重視する名優のオファーに快諾した。

 若月は具体的な活動について「握手会はファンと直接話せる場だし、ひとりひとりに伝えたい」と決意。公式ライバルのAKB48は12年からスペシャルサポーターを務め、この日出席したAKBの向井地美音(20)は「同じアイドルグループとして人数も多いし、協力しながら検査の重要性を発信したい」と“共闘”を約束した。

 結束を固めるスペシャルサポーターを信頼する杉は「今は薬で肝炎が治る時代だが、最終的に自分の命は自己責任で守るという意識が大切」と呼びかけていた。

ランキング

PR