今後1週間は警戒必要 気象庁、震度6弱程度も - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

今後1週間は警戒必要 気象庁、震度6弱程度も

更新

 大阪府の震度6弱の地震を受け、気象庁は18日午前、松森敏幸地震津波監視課長が記者会見し、今後1週間程度は震度6弱程度の地震が起こり得るとして警戒を呼び掛けた。南海トラフ巨大地震との関連については「今回の地震の震源地や地震の規模を考えると、直接影響を与えるとは考えにくい」と説明した。

<< 下に続く >>

 気象庁によると、大阪府で震度6弱以上の地震が観測されたのは1923年に観測態勢が整ってから初めて。

 また、今回の地震では長周期地震動が大阪府北部や兵庫県東部、奈良県で観測された。レベルは「物につかまらないと歩くことが難しい」などとする階級2だった。長周期地震動は階級1~4で表現され、最大は4。

 今回の地震の震源地周辺には「有馬-高槻断層帯」があり、地震と関係している可能性がある。この断層付近では1596年に慶長伏見地震が起きており、マグニチュード(M)は7・5だったと考えられている。

ランキング

PR