W杯優勝狙うアルゼンチンにミック・ジャガーの呪い?/芸能ショナイ業務話 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

W杯優勝狙うアルゼンチンにミック・ジャガーの呪い?/芸能ショナイ業務話

更新

アルゼンチン代表のリオネル・メッシ  いよいよ開幕した世界最大級のスポーツの祭典、サッカーW杯。16日夜にはスーパースター、FWリオネル・メッシ(30)擁するアルゼンチンがアイスランドと対戦する。

<< 下に続く >>

 1986年メキシコ大会以来、3度目の優勝を狙うアルゼンチンは先日、ザ・ローリング・ストーンズのプライベートジェット機で開催地のロシア入りしたことが、スポーツニュースで報じられた。ちなみに飛行機は使用後、バンド側に返却されたが、どのような縁で使用されたかは不明。私はそのニュースを見た際、アルゼンチンの今後に不安を感じた。

 それはストーンズのボーカル、ミック・ジャガー(74)には「ミック・ジャガーの呪い」と言われるW杯のおぞましいジンクスがあるからだ。

 ミックの「呪い」がささやかれ始めたの2010年南アフリカ大会。決勝トーナメント1回戦、米国-ガーナをビル・クリントン元米大統領(71)とともに観客席で応援したが、1-2で敗戦。続いて母国イングランドに声援を送るも、ドイツに1-4と大敗した。

 これだけで終わらない。準々決勝のブラジル-オランダをブラジル人の元恋人との間に誕生した息子のルーカスさん(19)とスタンドで観戦。ブラジルを応援したが1-2で惜敗した。

 呪いは続く。4年後のブラジルW杯。イタリア・ローマ公演で「イタリアがウルグアイに勝利するはずだ」と語るもイタリアは0-1で敗退。ポルトガル・リスボン公演では「ポルトガルがきっと優勝する」と宣言し、さらに自身のツイッターで「レッツゴー! イングランド!」とつぶやいたが、強豪国の3チームはそろってグループリーグ敗退となった。

 またブラジル代表のユニホームを着たルーカスさんと、ブラジル-ドイツをスタンドで観戦。ブラジルを応援したが、ブラジルは1-7と歴史的大敗を喫したのだ。

 その件について、英音楽誌に問われたミックは「わかったよ。それじゃ、ドイツの1点目は僕が責任を取ろうじゃないか。だけど、残り6点は僕のせいじゃないさ」とユーモアを交えて反論したという。

 熱戦が繰り広げられるW杯。日本代表とともにアルゼンチン代表の戦いとミックの言動も注目だ。(くらぼん)

ランキング

PR