【ペットと私】広瀬すず「anone」の“捨て猫”、かわい過ぎて家族にしちゃいました♪ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【ペットと私】広瀬すず「anone」の“捨て猫”、かわい過ぎて家族にしちゃいました♪

更新

愛猫を抱く広瀬すず  芸能人が愛すべき自慢のペットを紹介する大型企画「ペットと私 にゃんてワンダフル」が、月1ペースの連載でスタート。第1回は女優、広瀬すず(19)が、日本テレビ系主演ドラマ「anone」(水曜後10・0)の共演を機に家族になった愛猫・あの(スコティッシュフォールドのメス、6カ月)を連れて登場。今をときめく若手女優を手玉に取る“大物にゃんこ”との私生活とは!?(取材構成・納村悦子)

<< 下に続く >>

 「あの~、おいで。癒やして~!」

 楽屋に入るなり甘えた声をあげたすず。主演ドラマ「anone」の撮影の合間、うれしそうに一匹の猫を抱き上げた。愛情を目いっぱい注がれた猫は、人気女優の顔に軽い猫パンチをお見舞い。「ちょっとお前、地面を触った手でしょ。すぐに手を出すんだから」と怒ったのは口ばかりで、「おてんばで人懐っこい性格だと思うんですけれど、ツンデレだしちょっとやさぐれていて気が強い。でも、かわいい顔を見ると何でも許しちゃうんです」と満面の笑みを見せた。

 昨年12月に「anone」に捨て猫として登場した子猫と初対面し、「とてもなついて私の腕の中で寝ちゃったりしてかわいいなと一目ぼれ。私は断然犬派ですが、あのだけは特別な気持ちになりました」と引き取ることを決め、ドラマのタイトルから「あの」と命名した。

 自宅では犬のぱーぷー(チワワのオス、2歳8カ月)を飼っているが、猫は初めて。「最初はかみ合ったり、激しいけんかをしましたが、最近はお互いを干渉しない感じ。家の中で2匹を放し飼いしていて一緒にご飯を食べて寝て、何だかんだ仲が良いです」と目を細めた。

 人気女優もたじたじのあのはある日事件を起こす。キッチンにあった大量のキャットフードがすべて空っぽに。「自分で袋を開けて全部食べていたんです。のどあめを勝手になめて床にポイって落としたり。昨日は家に帰ったら床がアミノ酸の粉末でピンク色になっていました」。

 取材中も部屋の中を自由気ままに動き回るあのを愛おしそうに見つめながら、「毎日、私の帰りを待っていてリビングのドアの隙間からのぞいて鳴いているんです。夜とか遊んでほしくて全然寝かせてもらえないので、ちょっと迷惑。そう言いながら遊んじゃうんですよね」と笑った。

 姉で女優、広瀬アリス(23)をはじめ家族皆の中心はペット。「ペットがいると誰も怒らなくなるし、疲れているときは癒やされる。あのが家族になってから皆の笑顔がより増えた気がします。あんたは味方だ!」と語りかけるすずに、あのはそっぽを向きながら「にゃ~」と鳴いた。

★14日放送の第9話「切なさが増す」

 あのと共演したドラマ「anone」は、家族を失い、社会からもはぐれてしまった孤独な少女(すず)が、海岸にあった偽札を機に老齢の女(田中裕子、62)と出会い、偽物家族との共同生活から真実の人間愛を見つけ出す物語。14日放送の第9話では、少女らが加担した偽札作りが明らかになり、警察の捜査が進むなどドラマは佳境を迎える。すずは「今までの中で一番苦しいと思ったシーンがあって、偽物のもろい部分とか切なさが増すと思います」とアピールした。

スコティッシュフォールド

 1961年に英スコットランドの農家に生まれた1匹の白猫が起源。折れ曲がった耳が特徴で、「フォールド」は英語で「折れ曲がり」を意味する。丸みを帯びた小柄な体形で、穏やかで人なつっこい性格とされる。

広瀬すず(ひろせ・すず)

 1998(平成10)年6月19日生まれ、19歳。静岡県出身。実姉、広瀬アリスが所属する事務所にスカウトされ芸能界入り。2012年にファッション誌「Seventeen」のミスセブンティーンに選ばれ専属モデルに。翌13年にフジテレビ系「幽かな彼女」で女優デビューし、映画「海街diary」、「ちはやふる」シリーズなど話題作に主演。19年度前期のNHK連続テレビ小説「夏空」でヒロインを務める。1メートル59。

PR