【ヒューマン】豊満ボディーばかり注目され葛藤…筧美和子「飽きさせない」女に - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【ヒューマン】豊満ボディーばかり注目され葛藤…筧美和子「飽きさせない」女に

更新

カメラに向かって優しくほほ笑みかける筧。「作品が出来上がるまでの時間は感じたことのないような経験だった」と瞳を輝かせた=東京・赤坂  モデルで女優、筧美和子(23)が、10日公開の映画「犬猿」(吉田恵輔監督)で女の嫉妬や羨望を表情豊かに熱演し、初めてともいえる難役を演じ切った。ダイナマイトボディーばかりが注目される日々に葛藤もあったが、「試練をどう受け入れるか考え、目の前にある仕事に向き合っていくことで意識が変わりました」。その結果、初めて演技で手応えを感じ、「女優業への思いが強くなった」と力を込めた。(ペン・土門薫、カメラ・山田俊介)

<< 下に続く >>

 彼女の名を有名にしたフジテレビ系恋愛バラエティー「テラスハウス」の出演から5年。

 「水着のグラビアやファッション誌の写真を撮られていても、芝居をしていても、いろいろな感情が巡る。苦しみを感じられることが、今は楽しいです」。丁寧に言葉を選びながら話す姿に、筧が仕事と真剣に向き合ってきた証しを感じた。

 「犬猿」は、窪田正孝(29)と新井浩文(39)、お笑いコンビ、ニッチェの江上敬子(33)と筧が演じる、見た目も性格も正反対な兄弟と姉妹が主人公。初めて大役を任された今作は、“女優”としての真価が問われた。

 筧は芽が出ないタレント、真子役。愛らしいルックスからチヤホヤされるが、江上扮する姉に頭が悪いと見下され、マネジャーに「大きい胸しか取りえがない」と批判される。真子の姿は自身と重なった。

 「最初に脚本をいただいたときは、悔しかった。私にも向けられているような気がして…」

 2016年に出演した映画「闇金ウシジマくん Part3」や、同年のTOKYO MX主演ドラマ「CRAZY」など、ダイナマイトボディーを生かした役ばかり。真子と同じ葛藤を抱えていた。

 「(見る側が胸しか見ていないのではという)勝手な固定概念を持っていた。ちゃんと仕事に向き合えていなかった」

 芸能界で7年間もまれる中で「真子は自分と似ている部分も多く、切り離せない役だし、今、この役をできるのは私しかいない」と吹っ切れ、全力でぶつかれた。

 明るい元気娘の印象が強いが、小学低学年のころは「泣くことも笑うこともしない、感情の一切ない縫いぐるみのような女の子」だった。2歳上の姉、4歳下の弟がおり、「お姉ちゃんと同じことをしても私はうまくできなくて、劣等感があった」。

 転機となったのは小学3年生で始めたクラシックバレエ。「友達がやっているのを見て、私もやりたい!って。初めて両親にしたお願いでした」。人前に出て踊ることに大きな喜びを感じ、根暗な性格が嘘のように活発なおてんば娘に変貌した。

 女子高生だった2011年、観客として訪れたファッションショーの会場でスカウトされた。2年後、「テラスハウス」に出演。「みーこ」の愛称で親しまれるように。

 人気を爆発させたのは写真家、篠山紀信氏(77)とタッグを組み、14年に発売した写真集「ヴィーナス誕生」。バストトップをせっけんの泡で隠すなど、衝撃のセクシーショットでファンの度肝を抜いた。

 それまでは漠然とグラビアの仕事をしていたが、一糸まとわぬ姿で現場入りするなど強い覚悟で撮影に臨んだ。「見る人にもっと深いところで楽しんでもらおうと、考えながらできるようになりました」。現在ではグラビアに誇りを持っている。

 一つ一つ壁を乗り越えてきた筧は、女優として大きく飛躍しようとしている。「今回は恵まれた役だった。これからもし、私とかけ離れた役が来ても、しっかりと表現できるようにしたい」。

 気になる役者は昨年「年末ジャンボ宝くじ」のCMで共演した役所広司(62)。「存在がさりげないのに人を引きつける。すごく尊敬しています」。大先輩に大いに刺激され、「(見る人に)『筧って、こんな顔も持っているんだ』とびっくりさせたい。飽きさせない人になりたいんです」。新たな魅力が加わった23歳には、無限の可能性が広がっている。

★好きなタイプ「ハッキリ言ってくれる人」

 実家が営む飲食店には、今も足を運んでいる。子供のころは味の濃い「かき揚げ丼」ばかり食べていたが、「大人になって天ぷらのこだわりが分かってきた。今の方がおいしさを感じますね」と屈託ない笑顔を見せた。

 また、好きな男性のタイプには「ハッキリ、私にモノを言ってくれて、愛情表現をたっぷりしてくれる人」と告白。結婚観については「仕事をやり切ったと思えば、家(嫁)に入るかもしれない。明日死ぬかもしれないし、先のことは考えたくない」と苦笑した。

筧美和子(かけい・みわこ)

 1994(平成6)年3月6日生まれ、23歳。東京都出身。2011年に芸能界入りし、翌12年に「鍵泥棒のメソッド」で映画デビュー。13年に「ワンライフモデルオーディション」で準グランプリを獲得し、同年から出演したフジテレビ系「テラスハウス」でブレーク。14年の同局系「水球ヤンキース」で初めて連ドラにレギュラー出演した。現在は「JJ」の専属モデル。特技はバレーボール。1メートル64。

ランキング

PR