有賀さつきさん急死、乳がんか 父にも闘病伝えず誰も最期看取れず - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

有賀さつきさん急死、乳がんか 父にも闘病伝えず誰も最期看取れず

更新

目鼻立ちのくっきりした美人だった有賀さつきさん。気さくな言動でも人気を呼んだ(2004年撮影)  元フジテレビアナウンサーでタレントの有賀さつきさんが先月30日、病気のため東京・港区の山王病院で急死したことが5日、分かった。52歳だった。乳がんとみられる。先月中旬に入院したばかりで、父の洋(ひろし)さん(84)がこの日、横浜市内の自宅前で「そろそろ退院できると思っていたのに…」と悲痛な思いを吐露。かつてのアナ仲間を中心にショックと悲しみの輪が広がっている。

<< 下に続く >>

 1980年代に始まった女子アナブームの火付け役。天然ボケも魅力だった有賀さんがひっそりと息を引き取った。

 洋さんによると、有賀さんは先月中旬に体調を崩して入院。その後、容体が悪化し先月30日午前8時ごろ、病院から死去の連絡が入った。母は2年前に死去。元夫でフジテレビ解説委員、和田圭氏(65)との間に生まれた中3の一人娘(15)も連絡を受けたが、誰も看取れなかったという。

 病名は本人の強い希望で家族にも伏せ、非公表だった。洋さんは「亡くなる3日前にさつきを見舞ったとき、食欲がなくて点滴を受けていたが元気だった。『早く家に帰りたい』といっていた。今も信じられない」と涙をこらえた。通夜は東京・府中市の多磨霊園で先月31日、葬儀・告別式は1日に密葬で営んだ。一人ぼっちになった有賀さんの娘とは5日まで都内の自宅で一緒に過ごした。

 死因については乳がんという情報もある。有賀さんは昨年2月にブログで「ずいぶん私も病んでました」と闘病をにおわせていた。激やせぶりとかつら着用は昨年から一部で話題となるも、有賀さんは「ダイエット中」と説明。人に気を使わせない配慮に加え、多くの人に愛された。洋さんは「彼女らしい人生だった」としのんだ。

 有賀さんは88年にフジ入社。同期アナの八木亜希子(現フリー、52)、大相撲・貴乃花親方(45)の夫人となった花田(旧姓・河野)景子さん(53)とともに「花の三人娘」と言われ、主にバラエティーで活躍。入社5年目に退社してフリーとなった。

 95年に妻子ある元所属芸能事務所社長との不倫が発覚した際は「真剣にお付き合いしています」と交際宣言。その後、2002年に元上司だった和田氏と結婚したが、06年に離婚した。

 4日未明には、日本テレビ系通販番組「日テレポシュレ」で、昨年7月収録の映像が流れたばかり。あの華やかな明るい笑顔はもう戻らない。

有賀さつき(ありが・さつき)

 1965(昭和40)年9月9日、東京都生まれ。88年にフェリス女学院大を卒業後、フジテレビ入社。バラエティーを中心に活躍し、90年からレギュラー出演した「上岡龍太郎にはダマされないぞ!」で「旧中山道(きゅうなかせんどう)」を「きゅうちゅうさんどう」と読み笑いを誘った。その後は漢検や英検の準1級を獲得。洋さんによると、亡くなる直前まで漢検1級取得を目指していたという。

ランキング

PR